聖地・銀座に大異変「化粧品」の厳しすぎる事情

事業の「取捨選択」を迫られる化粧品メーカー

コロナ禍でインバウンド客が急減した東京・銀座。化粧品の売り上げにも大きな影響が出た(記者撮影)

「SHISEIDO」閉店のお知らせ。当店は2021年1月17日をもちまして閉店いたしました。ご愛顧を賜りありがとうございました――。つい最近まで多くの人で賑わっていたかと思うと、店頭に張り出された紙がどこか物悲しい。

2017年4月に開業した東京・中央区の「GINZA SIX」。銀座最大の商業施設も新型コロナウイルスの感染拡大の影響から逃れられず、テナントの大量入れ替えが始まっている。34店が入っていた地下1階の化粧品売り場も、資生堂の主力ブランドである「SHISEIDO」のほか、ロレアルの「shu uemura」など7店が撤退した。代わりに4月にかけて9ブランドが入居する予定だ。

フロアを見渡すと人はほとんどいない。というのも、銀座で化粧品を購入する顧客は、観光客や仕事帰りの会社員、銀座で営業するクラブのママが中心だった。コロナ禍を受けた外出自粛や在宅勤務、飲食店の時短経営により、それら主要顧客層が消えてしまった。

1日30人だった接客数が今は1人

「化粧品が売れなくなった」。店舗で接客をする大手化粧品メーカーの美容部員たちは、口を合わせたようにいう。

「毎日30人くらいを接客していた。インバウンドのお客さんに商品を渡すだけのまるで『自動販売機』だった」。原宿で働く美容部員はそうつぶやく。

原宿といえば、竹下通りや明治神宮などがあり外国人にも人気の観光地。アシックスなど多くのブランドの旗艦店が軒を連ねる。この美容部員が接客していた顧客の7割は中国人などの訪日外国人だった。

現在、店舗を訪れるのは、日本限定で販売されている商品などを中国で転売する中国人バイヤーと、ふらっと来店する若い日本人くらい。「1日に1人接客するかどうか」だという。訪日外国人観光客に比べると日本人の購入単価は低い。店舗の売り上げも2019年と比べると、半分以下に落ち込んでいるそうだ。

東洋経済プラスの連載「暗転! 化粧品」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
【座談会】雇用やボーナスはどうなる?美容部員の今
資生堂、「魚谷体制」7年目でみえた光と影
爆買い中国人が殺到する「海南島」の正体
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT