貸借対照表をよく理解してない人もわかるコツ

資産、資本、負債を3色に分けて考えてみよう

予備知識なしで理解するのは難しい決算書。視覚的に、瞬間的に理解できる画期的なメソッドをご紹介します。(写真:xiangtao/PIXTA)

経営者、投資家はもちろん、一般のビジネスパーソンも常識として最低限は押さえておきたい決算書の読み方。しかし予備知識なしには理解するのが難しく、挫折してしまった人も多いでしょう。そんなあなたの心強い味方になるのが、『はじめてでもスラスラわかる3色ペンで読む決算書』。青(資産)、赤(負債)、緑(純資産)の色分けで、視覚的に、瞬間的に理解できる画期的なメソッドです。3色ペンを手に、ぜひためし読みしてみてください!

そもそも「バランスシート」って?

まずは、財務3表の1つであるBS(バランスシート、貸借対照表)について、ごく簡単な解説をします。

次の図にある、A、B、Cを合わせてBSと呼びます

(図表:幻冬舎Plus)

BSは会社が決めたある一定時点での、会社の資産・負債・純資産の状態を表すものです。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

本書では覚えやすいように青枠はAsset(資産)のA、赤枠はBorrow(借りる)のB、緑枠はNet Capital(純資産)のCとしました。以下本書ではA、B、Cと呼んでいきます。BSはABCで説明できます。

このA、B、Cはわかりやすいように設定した本書のオリジナルなので、一般的に使われている用語ではありません。会社の上司に「あの会社、最近Bが増加しているみたいなので、注意が必要です!」なんて報告しても通じないので気をつけて下さいね。ABCはわれわれだけの秘密です。

ルール① A=B+C
(図表:幻冬舎Plus)

BSには4つのルールがあります。

ルールはシンプルで、「A=B+C」である、ということです。

Aが100ならB+Cも100となります。

Aが100、Bが50、Cが50でもいいです。

Aが100、Bが20、Cが80でも構いません。

次ページ2つ目のルールは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT