ANAとJAL、「頼みの国内線」がまたも下火の茨道

GoTo停止と緊急事態宣言の再発令で先行き懸念

空港に駐機されているJALとANAの機材。2020年10月の中間決算発表時に2社が示した復活シナリオは、ほどなくして新型コロナ感染が再拡大し崩れた(記者撮影)
新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、頭を抱えるのが航空業界だ。Go To トラベル効果で国内線の旅客数は2020年10月に49.6%まで回復したが、年末年始に下振れ。再びの緊急事態宣言で、需要回復の遅れが見込まれる。国内大手2社のANAホールディングと日本航空(JAL)はこの難局をどう乗り切ろうとしているのか。

①財務データでわかる
「大赤字」ANAとJALの格差

JALは最大2700億円の最終赤字を見込むが、ANAはそれの倍近い5100億円の最終赤字見通し。近年のANAは羽田空港発着枠の傾斜配分を受けるなど、国際線を一気に拡大してきた。一方、JALは海外同業との提携を進め、自社便の拡大に慎重だった。攻めてきたANA、手堅くきたJALーー。データでひもとけば、2社の違いはこう表現できる>>続きを読む

②JALの金庫番 菊山英樹CFO
巨額増資に「びっくりしました?」

2020年11月に公募増資などで1826億円を調達すると発表したJAL。財務トップの菊山英樹・専務執行役員に、その舞台裏を直撃した。注目されるANAとの統合論についても、2010年の経営破綻時に再建を託された「稲盛(和夫名誉顧問)のベースとなる哲学」(菊山専務)に基づいた反論を展開している>>続きを読む

③再びの危機でよみがえる記憶
JALが10年前の「破綻」でなめた辛酸

JALは今回、赤字額・財務状況ともに厳しいANAに先んじて、公募増資に乗り出した。市場関係者を驚かせた決断の背景に透けるのは、同社元幹部が「本当に嫌な経験だった」と顔をしかめる、早期・希望退職やパイロット・CA(キャビンアテンダント)ら計165人の整理解雇といった経営破綻時の経験だ>>続きを読む

④ANAが迎える正念場
楽観的すぎる黒字化シナリオ

ANAの片野坂真哉社長は2020年10月の会見で「来年度はあらゆる手を打ち、必ず黒字化を実現したい」と言って見せた。ただ、これは2021年3月の旅客数がコロナ前から国内線で70%、国際線で50%まで回復するという、楽観的な見通しに基づいていた。このときに示した構造改革も、踏み込み不足が目立つ>>続きを読む

⑤エアアジア、2度目の撤退
「青・赤2色」が強まる日本の空

2020年11月、LCC(格安航空会社)のエアアジア・ジャパンが経営破綻した。新型コロナ影響により航空会社が経営破綻する、日本で初めてのケースとなった。ただ、この出来事は単なるLCC市場の競争・淘汰以上に大きな意味がある。国内主要航空会社からANA、JALに続く「第3勢力」が消滅するからだ>>続きを読む

各記事の続きは、東洋経済プラスの短期連載「航空異変」で配信しています。
財務データでわかる「大赤字」 ANAとJALの格差
JALの金庫番が明かす「大型増資」決断の舞台裏
JALが先手「増資」1680億円の胸算用
「破綻」は避けられるのか ANAが迎える正念場
エアアジア撤退、消える「第3のエアライン」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT