パーカーやトレーナーを「速く乾かす」凄いワザ

着ていてラクでも「乾きにくい」という問題点

トレーナーやパーカーはどう洗濯するのがいいのでしょうか(写真:マイカジ編集部)
在宅時間の増加とお出かけの機会の減少で、トレーナーやパーカーを着る機会が増えたという方も多いのでは。合わせやすく着心地が良いのでヘビロテしたくなりますが、悩みの種は、洗濯。ヨレや伸び、さらに乾きにくいというウィークポイントが。そこで、洗濯方法と早く乾く干し方についてチェックしていきましょう!

パーカー・トレーナー 洗濯の悩み

(写真:マイカジ編集部)

着ていてラクなパーカーやトレーナーは、部屋着の定番。ちょっとそこまで外出するときにもそのままでOKなので、おうち時間では重宝しますよね。

ところが、洗濯を重ねていると、裾や袖口が伸びたりヨレたりするのが悩ましいところです。そこで、パーカーやトレーナーを傷みから守りながら洗濯するポイントを見ていきましょう。

パーカー・トレーナー洗濯のポイント
■洗剤選び
 
(写真:マイカジ編集部)

まずはパーカーについているタグの洗濯表示を確認します。

桶の下に線が2本ある記号や手洗いマークがついている衣類、「中性洗剤使用」の記載がある衣類は、おしゃれ着用洗剤がオススメです。それ以外の表示で「家庭洗濯可」の場合は、一般洗濯用洗剤が使えます。

一般洗濯用洗剤を使う場合、ベージュ、クリーム、ピンク、グレーなど淡い色のパーカーやトレーナーの場合は、蛍光増白剤(蛍光剤)入りの洗剤を使用すると、色味が変わることがあるため、蛍光増白剤の入っていない洗剤を選びましょう。

次ページシミがある場合は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT