巨象NTTが突如として動き出した決定的理由

グループ6社の社長に直撃、見えてきた次の一手

NTTが敢行したドコモの完全子会社化。背景には1つの不満があった(編集部撮影)
海外事業の強化に向けたグループ再編、トヨタや三菱商事など異業種大手との提携、そして4.3兆円の巨費を投じたNTTドコモの完全子会社化。澤田純氏が2018年に持ち株会社NTTの社長に就いてから、矢継ぎ早に新たな一手を繰り出している。
澤田氏は「スピードは重要だ。商売人はやっぱりタイム・イズ・マネー」と言い切る。猛然と動き出した巨象NTTはどこへ向かおうとしているのか。グループの主要6社トップを直撃した。

①NTT 澤田純社長
「ゲームチェンジすればGAFAは脅威じゃない」

澤田社長は「GAFAとの関係は互いに顧客であり、パートナーでもある。ただ、領域によっては戦う相手」と話した(撮影:尾形文繁)

昨年、業界を驚かせたNTTによるNTTドコモの完全子会社化。澤田社長はインタビューで「ドコモは10年以上契約数のシェアが毎月のように下がっているし、売上高と利益の面では3番手になってしまった」と“不満”を口にした。もっとも、ドコモの取り込みは国内事業強化の一環にすぎない。澤田社長の視線の先には「GAFA」の存在がある>>続きを読む

②NTTドコモ 井伊基之社長
「準備が整った。早急にV字回復させる」

井伊社長は「(1999年に始めた)iモードに続くヒットが出せていないことを、社員は悔しいと思わなくちゃいけない」と述べた(撮影:大澤誠)

「ドコモを強くしてこい」とNTTの澤田社長に言われ、2020年12月からドコモの社長に就任した井伊基之氏。独り負け状態から脱却するために、就任早々、激安の料金プランをブチ上げた。井伊氏はこれまでのやり方について、利益を着実に出すために「守りの経営」に入っていたと指摘。インタビューでは「今までのドコモだったらやらなかったことを思い切ってやる」と断言した>>続きを読む

③NTTデータ 本間洋社長
「もっと上へ“世界トップ5”目指す」

本間社長は「われわれが強くなれば、NTTグループとの連携も一層加速できる」と述べた(撮影:今井康一)

現在、NTTグループの海外売上高は全体の約2割。海外事業を今後の成長柱にできるかどうか。カギを握るのがNTTデータだ。近年はM&Aを積極的に推進。それでも本間社長は「海外で『NTTデータ』と名乗ってもわかってくれない」と話す。世界に通用するITベンダーになるために次の一手をどう打つか>>続きを読む

④NTT東日本 井上福造社長
「地域密着型の“ICT商社”に生まれ変わる」

井上社長は「東日本の津々浦々に事業所を持ち、地域に密着している会社として強みを発揮できる」と述べた(撮影:尾形文繁)

グループの「長男」に当たるNTT東日本。固定電話離れで売上高の減少が続いてきた。しかし、井上福造社長が「よく節約して利益が出せている」と言うように、ドコモに次いで利益が多い。課題は売り上げの増加だ。既存市場で成長が見込めない中、反転攻勢をかけられるか。井上社長は「方向感が変われば、全員がそちらに向かう団結力が東日本の強み」と語った>>続きを読む

⑤NTT西日本 小林充佳社長
「地域分散の“弱み”を“強み”にできる」

小林社長は「2025年までにソリューションやコンテンツなど新分野の売上高を全体の3分の2にする」と述べた(写真:NTT西日本)

NTT西日本は、大都市圏から山間部、島嶼部まで広範な地域で固定電話や光回線を提供する。いわば小さの市場の集合体だ。そのため、首都圏を抱えるNTT東日本と比べると、事業環境は不利だった。だが、小林社長は「西日本の社員は『やったろう』という反骨精神が強い」と話す。非効率な地域分散の「弱み」をどう「強み」に変えていくのか>>続きを読む

⑥NTTコミュニケーションズ 丸岡亨社長
「ドコモと組んで“プラットフォーマー”になる」

丸岡社長は「顧客の要望を聞いていると、モバイルに関するニーズが大きい」と述べた(撮影:今井紘一)

グループで海外事業の“顔”として展開を拡大してきたNTTコミュニケーションズ。祖業は国内の長距離電話や国際電話だが、大規模な通信網を生かし、法人向けのネットワーク構築やデータセンター、クラウドで成長してきた。NTTによるドコモの完全子会社化で、丸岡亨社長は「ドコモとの連携が強まるのは間違いない」と言う>>続きを読む

東洋経済プラスの連載「反撃のNTT」では、上記6人のトップインタビューを無料でお読みいただけます。連載では下記の記事も配信しています。

データ/8000億円稼ぐドコモに抱く親の”不満”
“ゴリゴリ”のドコモ新社長、3番手返上へ猛攻
NTTは海外市場で“メジャー”になれるのか
NTTドコモ初代社長が語った「iモード」のコンセプト
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT