小学校の「いじめ認知件数」が過去最高の実情

件数多い校に「解消のスタートライン」の評価も

小学校の「いじめ」件数が過去最多に……そこにあった意外な理由とは?(写真:CHANTO WEB編集部)

文部科学省が発表した「令和元年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(以下「問題行動等調査」)によると、2019年度のいじめの認知件数は61万2496件で、5年連続で過去最多を記録したといいます。

一方で、この「認知件数」は都道府県によって大きくばらつきがあり、実態を正しく反映していないのではないかという声も以前からありました。

11月には、小学校の子どもたちに行ったいじめに対するアンケート調査を、教員が「いじめはなかった」ふうに改ざんしたというニュースも。

数字だけを見ると、いじめが急増している!大変!と思ってしまいがちですが、そこにはいろいろないきさつがあるようです。

「いじめ認知件数」とは?

まず、ちょっと聞き慣れない「いじめ認知件数」の意味を解説します。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

学校で起こった「いじめ」の件数をまとめた報告は以前からありましたが、当初は「いじめ発生件数」と呼ばれていました。

しかしこの件数は、いじめによる子どもの死など重大な事件があった直後は急増するのに、数年経つとどこの学校でも減っていき、ゼロという報告が続く学校や地域もあることから、長年「実態を表していないのではないか」と疑問視されていました。

そこで平成18年、この名称が「いじめ発生件数」から「いじめ認知件数」と変更されました。

どれだけいじめがあったのか(発生)ではなく、教師や周囲がどれだけ気付くことができたのか(認知)というスタンスに変わったわけです。

このとき、同時に、「いじめとは何を指すのか」という定義も大きく変換しました。

次ページ「いじめ」の定義も変わった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT