小学校「1クラス上限35人」に変わる理由と課題

手厚い支援が可能に、先進国34国の平均は21人

2020年12月、文部科学大臣の会見で小学校のクラスの上限人数を全国で35人以下に引き下げることが発表されましたが……(写真:CHANTO-WEB編集部 )

2020年12月、文部科学大臣の会見でこれまで40人だった小学校のクラスの上限人数を全国で35人以下に引き下げることが発表されました。

すでに小学校1年生のみ2011年度から35人になっていましたが、今後は2年生、3年生……と順に35人に移行していき、2025年には全学年が35人以下学級になります。

全校レベルでの上限人数引き下げは40年ぶりだということです。

これに対し、現場からはさまざまな声が上がっています。

今回は小学生のお子さんがいるママの声もまじえ、現状や課題について考えてみたいと思います。

いま、全国の小学校は1クラス何人?

ニュースでは「長年叫ばれてきた少人数化がやっと実現」と報道されていますが、実際のところ、全国では小学校の1クラスの人数はどうなっているのでしょうか?

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

文部科学省の資料をみると、令和元年の1学級当たりの児童数は「23.3人」となっています。

「え?35人よりずっと少ないけど?」

と不思議に思うかもしれませんが、この数字は全国の平均であり、過疎化が進んで1クラス5~6人しかいない小学校もすべて含まれています。

反対に、東京・神奈川・大阪などの都市部には1クラス36人を超える学校が点在しています。

しかし、実は、すでに独自に予算を組んで1クラス35人以下を実現している自治体も数多く、今回の改正で1クラスの上限が40人から35人に変わる対象の小学校は全体の8.3%しか存在しないそう。

ニュースを見て、

「うちの子の学校、前から全学年35人以下だけど……今頃?」

と不思議に思った人も多いと思います。

次ページ先行して少人数の学級を実現している自治体に住んでいるから
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT