電力容量市場「想定外の高値入札」で広がる混迷

世界でも例のない高値取引、制度手直しは急務

発電所の維持に多額の収入が流れ込む(写真と本文は関係ありません、記者撮影)

電力の安定供給の確保を目的として、「容量市場」という新たな取引市場がこのたび創設された。7月に行われた1回目の入札では予想外の高値がついた。

7月の入札結果について、自由化で電力小売事業に参入した新電力会社から、高値入札により容量拠出金の支払い額が高額になったことで、事業の存続を脅かされる」という声が相次いでいる。専門家の間からも制度設計の不備を指摘する声が上がっている。

制度作りを進めてきた経済産業省は入札結果を取り消すことはしないと説明するが、制度の手直しが急務になっている。

投資促進の狙いでスタートしたが…

日本卸電力取引所が運営する「卸電力市場」では、「1キロワット時(kWh)当たり××円」といった形で電力の量(キロワットアワー価値)が売買されている。これに対し、容量市場では、将来のある時点での「供給力」の価値(いわゆる「キロワット(kW)価値」)が取引される。供給力とは、火力発電所や原子力発電所などを稼働できるようにしておくことによって確保される発電能力を意味する。

電力自由化や再生可能エネルギーの導入拡大とともに電力価格(キロワットアワー価値)の低迷が恒常化し、電源(発電設備)の投資が滞ることで電力供給が不足しかねない。そうした事態を避け、発電設備への投資を促進する狙いを込めて容量市場はスタートした。

だが、7月に実施された容量市場の1回目の入札結果は、入札上限価格に迫る1kWあたり1万4137円という、世界でも例のない高値での取引となった。

東洋経済プラスの短期連載「誤算の電力市場改革」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。この記事と合わせて3本の記事を配信しています。

電力新市場で「異例の高値」の波紋
インタビュー/山家公雄・京都大学大学院特任教授「『日本版容量市場』は時期尚早だった」
インタビュー/松村敏弘・東京大学教授「制度設計ミスが価格高騰を招いた」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT