モノ言う株主に狙われやすい建設株ランキング

アクティビストの株式取得に業界は戦々恐々

PBRやネットキャッシュなどをもとに、アクティビストに狙われやすい建設株をランキングした(撮影:今井康一)

モノ言う株主(アクティビスト)が建設株を次々に買い増している。例えば、村上世彰氏が率いる村上系ファンドは、前田建設工業や東急建設、西松建設などの大手・中堅ゼネコン株を相次いで買っている。

アクティビストの登場に、建設業界は今、蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。「当社にはまだ出資していないようだが、村上系ファンドの動向を今後注視していきたい」(中堅ゼネコンの幹部)と、その動きを固唾をのんで見守っている関係者は多い。

ただ、村上系ファンドは闇雲に建設株を買っているわけではない。どのような銘柄が狙われているのか。村上氏は著書『生涯投資家』の中で、次のように記述している。

低PBRやキャッシュリッチな銘柄に着目

「私はファンドで投資する銘柄を選ぶ際、時価総額に占める現預金(不動産、有価証券など換金可能な資産を含む)の割合、PBR(株価純資産倍率)、株主構成などを点数化してスクリーニングをする」

つまり、村上氏は銘柄選定の基準として、株価が割安、現金など資産が豊富、そして外国人株主の割合が高いことを挙げているのだ。

実際に、村上系ファンドが出資している銘柄は、この選定基準が当てはまる。例えば、大豊建設はPBRが0.91倍(11月24日時点)、ネットキャッシュ倍率(時価総額÷ネットキャッシュ〈現金・預金+短期有価証券-前受金-有利子負債〉)が3.6倍(直近決算の期末時点、時価総額は12月1日時点)、外国人持ち株比率が28.0%(前期本決算期末時点)だ。まさに村上系ファンドの好みの「割安・資産豊富・外国人注目」銘柄であることがわかる。

今回、アクティビストが目をつけそうな建設株を、PBR、ネットキャッシュ、外国人持ち株比率の3指標をもとにランキングした。まず、割安なPBR銘柄のランキングを見ていこう。

この記事の続きはこちら
特集「ゼネコン異変」では、注目ランキングとして低PBRランキング(95社)、キャッシュリッチランキング(65社)、外国人持ち株比率ランキング(95社)のほか、村上系ファンドの動向やゼネコン界再編「3つのシナリオ」を探った記事も配信しています。

「割安ゼネコン」ランキング これが次に狙われるゼネコンだ
アクティビストに怯えるゼネコン 村上ファンドがやってきた
内向き体質は変わるのか ゼネコン再編「3つのシナリオ」
中小零細業者が直面する現実 下請け建設業者が悲鳴をあげている
迫り来る業績圧迫の足音 小型工事に群がる超大手ゼネコン
数字で見る建設業の歴史 「我が世の春」は終わった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT