K-POPが嫌韓ムードなのにやたら重宝される訳

日本の音楽番組でK-POPグループが目立っている

韓国・ソウルの大型ビジョンに映し出されたNiziU(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

毎年11月に「紅白歌合戦」(NHK)の出場者が発表されると、1年の終わりを感じ始めるのではないでしょうか。テレビ業界では、そのころから各局が1年を締めくくる大型音楽特番がスタート。25日にそのトップバッターとして、日本テレビが4時間特番の「ベストアーティスト2020」を放送しました。

放送後、ネット上にはさまざまな記事やコメントが飛び交っていますが、なかでも目立っていたのはK-POPグループに関するもの。実際、同特番には、IZ*ONE、ジェジュン、TOMORROW X TOGETHER、NiziU、BTS(五十音順)の5組が出演し、NiziUは2回パフォーマンスを披露しました。

12月2日、9日の2夜にわたって放送されるフジテレビの「FNS歌謡祭」にも、すでにIZ*ONE、ENHYPEN、ジェジュン、NiziU、BTSの出演が発表済み。なかでもENHYPENは今年オーディション番組で結成されたばかりのグループで日本の音楽番組初出演であり、さらなるK-POPグループの出演も考えられます。

また、テレビ朝日が12月25日に放送予定の『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』、現段階では未発表ですが、例年放送されているTBSの『CDTVスペシャル! クリスマス音楽祭』へのK-POPグループ出演も間違いなくあるでしょう。

「戦後最悪」と言われるほど日韓関係が悪化し、「嫌韓感情が増した」という人は決して少なくありません。そんな批判を受けやすい状況の中、なぜ各局はK-POPグループを重宝するのでしょうか。掘り下げていくと、主に4つの理由が浮かび上がってきました。

スポンサー受けのいいファン層と熱気

真っ先に挙げなければいけないのは、ファンの熱気と年齢層。

例えば、NiziUのプレデビューアルバム『Make you happy』はオリコンで女性アーティスト初となるデジタルランキング3部門同時1位のほか、国内音楽配信サイトで87冠、MVの再生回数も2カ月で1億回突破。12月2日リリースのデビューシングル「Step and a step」のMVも公開1日弱で1000万回突破する盛り上がりを見せています。そのほかにも、昨年12月に東京、1月に大阪、2月に福岡でドーム公演を行ったBLACKPINK、同じく3月にドーム公演を予定していたTWICE、アメリカ・グラミー賞にノミネートされたBTSが日本でも人気があることは言うまでもないでしょう。

次ページネット戦略にも長けている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT