生涯給料「全国トップ500社」ランキング最新版

「3億円超」の企業増加、全体平均は2億2613万円

最新ランキングで上位に入ったのはどの企業でしょうか(写真:SB / iStock)

コロナ禍で大騒ぎだった2020年も残りわずか。肌寒い日も増えてきたが、毎月の収支を気にしながら冬のボーナスがいくらもらえるのか、気になっているビジネスパーソンも多いだろう。

東洋経済オンラインでは会社に新卒(22歳)で入社して定年(60歳)まで働いたときに取得できる総額である「生涯給料」の全国版ランキングを作成。トップ500社の最新結果をまとめた。

最新の『会社四季報 2020年4集秋号』は発売中。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

対象としたのは『会社四季報』に掲載している上場企業約3700社のうち、単体の従業員数が10人に満たない場合や、平均賃金の発表がない企業などを除いた3218社。

各社直近の有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「令和元年賃金構造基本統計調査」の5歳刻み賃金額(所定内給与+賞与)から業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

グループ企業については、連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが提出会社のものであるため、単体の年収数字となっている。

なお、本社の中枢機能を担う社員しかいないケースの多い、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社も一部除いた。従業員数、年収、年齢で欠落データがある企業も一部除外している。

また、ランキング表内で社名末尾に「*」のある会社は主要子会社のデータを採用している。

生涯給料3億円超の企業が増加

1位になったM&Aキャピタルパートナーズは13億4379万円。2位はキーエンス(7億3683万円)、3位は日本商業開発(6億8703万円)、4位ヒューリック(6億4576万円)と、ランキング上位常連企業が名を連ねている。いずれも理論上の試算値にはすぎないものの、これらの企業が他社を大きく引き離す結果となった。

また、総合商社の三菱商事・伊藤忠商事・丸紅・住友商事・三井物産は11位までにランクイン。こうした待遇面での魅力も、就職人気の高さにつながっている。

対象企業の平均生涯給料は2億2613万円。母数がやや異なるものの、昨年同時期のランキング(2億2304万円)から若干増加した。また、推計の生涯給料3億円超になった企業は、233社と昨年の215社から増加。ただ、全体の上位7%程度に限られている。

次ページまずは1~50位のランキング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT