家事負担を減らす「食材宅配サービス」の注意点

ネットスーパーと定期宅配でどう違うのか

時短につながる「食材の定期宅配サービス」は、どのように選ぶといいのでしょうか(写真:マイカジ編集部)
子どもがまだ小さい場合や共働きなど、忙しい家庭を中心に需要が高まっている、食材の定期宅配サービス。食材を定期宅配にするメリットや、使うときの注意点、数あるサービスの中からどう選ぶかなど、賢い使い方を家事アドバイザー・矢野きくのさんに聞きました。

食材の定期宅配サービスとは、インターネットなどで注文した食材を定期的に自宅へ配送してくれるシステムのこと。

「自宅にいながら買い物ができるという点ではネットスーパーと同じですが、ネットスーパーは自宅近くの一般的なスーパーで販売されているものをオーダーし、届けてもらいます。一方、食材の定期宅配は店舗ではなく、注文受付センターのような形態です」

ネットスーパーがその都度注文&配達なのに対し、食材の定期宅配は、定期的な利用が必要となることがほとんどだそう。

「食材の定期宅配の配達日は、“毎週○曜日”と決まっているところが多いのですが、宅配業者を利用していて、いつでも配達してくれるところもあります。また、食材の定期宅配はミールキットや調理済みの宅配食が充実しているという利点があります」

忙しい家庭にぴったり!定期宅配をするメリット

食材を定期宅配にすることには、買い物の時間を短縮できるという大きなメリットがありますが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。

(写真:マイカジ編集部)

「食材の定期宅配には産直野菜を届けてくれるところもあり、新鮮な野菜が手軽に手に入ります。また、有機・低農薬野菜、無添加・オーガニック食材など、食材のこだわりをうたっているところが多いので、食の安全や品質の良さを重視したいご家庭には大きなメリットがあると思います。

そして、何と言ってもレシピ付きのミールキットが充実しているのが嬉しい点です。必要な調味料と、食材もカットされた状態で小分けになっているので、誰でも簡単においしい料理を作ることができ、忙しく料理に時間がかけられない家庭にオススメです。また、調理の時短はもちろんのこと、栄養バランスのすぐれたおかずを食べられますよ」

次ページ「食材の定期宅配」の注意点
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT