大阪人が素人でもお笑いとは何かを語れる理屈

「大阪のおばちゃん」はこうして世に出てきた

“大阪のおばはん”というイメージが定着したのは、あるテレビ番組がきっかけだった(写真:まちゃー/PIXTA) 
大阪人は面白くて当たり前、大阪といえばたこ焼き、熱狂的な阪神ファン、ドケチなおばはん……大阪に対してこんなイメージを持っていませんか?
大阪のステレオタイプなイメージは、実はメディアによって作られ広められたものだった?! 庶民的な部分ばかりに注目され、面白おかしく誇張されがちな大阪像。幻冬舎新書『大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた』ではその謎を解き明かします。

大阪人「にも」ユーモアがある

大阪の人は、話が面白い。言葉のやりとりが、漫才のように聞こえる。上方芸能のいわゆるお笑いは、互いにおどけあうことを喜ぶ大阪人が、はぐくんだ。そんな大阪文化論を、われわれはしばしば耳にする。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

私自身、そう力説している大阪弁の男を、東京で見かけたことがある。たまたま入った居酒屋で、隣の席からくだんの文化論は聞こえてきた。見れば男は、関東弁の連れたちと、大阪の漫才を語りあっている。

そして、その話題に関するかぎり、彼は指導者のようにふるまっていた。にわかじこみの大阪弁で漫才の真似事におよぶ、ほぼ同年代の関東者をたしなめてもいる。師匠が弟子を、きたえるかのように。

あかん、あかん。そんな間合いでやったら、笑いはとれへん。ええか、ボケとツッコミは、ただそれらしい文句をゆうたらええんとちゃうんや。ボケのボケぶりは、活かすも殺すも、ツッコミのタイミングしだいなんやから……。

とまあ、彼は以上のような口調で、その場をしきっていた。たいしたことを言っていたわけではない。だが、大阪の人間は、素人であっても、大阪からきたというだけで、笑いの師となりうる。そのことを、目に焼きつけさせられた一瞬ではあった。

前にも触れたが、東京生まれの谷崎潤一郎は、関西へ移り住んでいる。そして、大阪見聞の随想を書いた(『私の見た大阪及び大阪人』1932年)。80年以上前の記録だが、そのなかで谷崎は大阪の人びとを、都会人としてみとめている。関西では、大阪だけが都会的だとさえ、書ききった。その理由は、大阪人の機知にあるという。

大阪人はアレでなかなか滑稽を解する。その点はやはり都会人で、男も女も洒落(しゃれ)や諧謔(かいぎゃく)の神経を持っていることは東京人に劣らない……洒落の分るのは江戸っ児ばかりに限ったことはない。それは中国四国辺の人と大阪人とを比べてみると、その相違が実にはっきりしている」
次ページ「大阪のおばちゃん」のはじまり
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT