トランプ後「米国の深すぎる分断」は修復可能か

「話が通じない人」と折り合う4つの視点は?

トランプ政権後、「アメリカの深すぎる分断」は修復可能でしょうか。「話し方」「コミュニケーション」の視点から解説します(写真:Koldunova/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチ等のプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』を上梓した。コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「トランプ後『アメリカの深すぎる分断』は修復可能か」を「話し方」「コミュニケーション」の視点から解説する。

SNS上では「激烈な論戦」

「モーゼの海割り」のようにぱっくりと2つに分断されてしまった超大国アメリカ

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

バイデン氏が勝利の公算ですが、明らかなのは、これから「ここまでいがみ合った国民の心を1つにするのは容易ではないだろう」ということです。

私は、新聞記者やPRコンサルタントとしての「経験知」と、アメリカやイギリスで学んだグローバルスタンダードの「話し方のノウハウ」を体系化し、企業の社長や役員に、プレゼンやスピーチをコーチングする「家庭教師」として、長年、経験を積んできました。

「世の中の多くの問題は、コミュニケーションで解決できる」という思いから、「もっとつながる」人間関係や話し方のルールを研究し、そのノウハウを拙著『世界最高の話し方』でも数々紹介しています。

今回は、アメリカの大統領選を題材に、「世界で進む『分断』という難題はコミュニケーションで解決できるのか」について、考えてみたいと思います。

選挙期間中、SNS上では、共和党と民主党の支持者の「激烈な論戦」が繰り広げられました。

会員サイト『東洋経済プラス』では、「混迷するアメリカ」と題して、大統領選挙後のポイントや超大国の今後を分析する連載を掲載しています。

私のアメリカ人の友人にも「トランプ批判」の投稿を上げる人がいましたが、それに対して、瞬く間に、親戚や友人から「トランプ擁護のコメント」が殺到し、フィード上で、大バトルが展開されるという事態に発展していました。

「親子間でののしり合う」「夫婦がこの問題を契機に離婚した」など、「身近な家族や親戚、友人との間で、大きな亀裂が走っている」という話はそこかしこから聞こえてきます。「地球温暖化」や「マスク着用」までが党派色を帯び、政争の道具にされ、対立は激化の一途です。

次ページ説得で「ついやってしまう失敗」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT