東京キー局が野球中継を見放した根本的な理由

かつて関西人は阪神よりも巨人のファンだった

実は、かつて大阪でも巨人ファンが多かった。ではどのようにして、大阪=熱狂的な阪神ファンが醸成されていったのか(写真:まいどHDR/PIXTA) 
大阪人は面白くて当たり前、大阪といえばたこ焼き、熱狂的な阪神ファン、ドケチなおばはん……大阪に対してこんなイメージを持っていませんか?
大阪のステレオタイプなイメージは、実はメディアによって作られ広められたものだった!? 庶民的な部分ばかりに注目され、面白おかしく誇張されがちな大阪像。幻冬舎新書『大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた』ではその謎を解き明かします。

時代を変えたサンテレビ

巨人、大鵬、卵焼き」という言い回しを、以前はよく耳にした。子どもが好きなものを、3つそろえて並べた慣用表現である。小さい子は、たいてい卵焼きが好き。大相撲やプロ野球では、強い横綱大鵬や読売巨人軍を応援する。それが児童たちの常であると、この文句はつげていた。1960年代の、はやり言葉でもある。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

大鵬や読売ジャイアンツの人気は、よく優勝する、群をぬく力に根ざしていただろう。だが、読売球団への広い支持は、テレビの放映によっても、ふくらまされていた。事実、1960年代の民放は、読売戦以外の中継を、ほとんどしていない。テレビの画面で見るプロの試合は、ほぼ読売対どこそこという組み合わせに限られた。

ジャイアンツの試合ばかりが、受像機から流れてくる。そのせいで、ひところは、野球好きの半数以上が、このチームをひいきにした。大人も子どもと変わらず、読売に声援を送ったものである。

大阪や神戸、そして阪神間においても、事情は変わらない。地元の阪神タイガースへ心をよせる者は、それほどいなかった。関西人であっても、野球愛好者の情熱は、おおむね読売にかたむいていたのである。

様子が変わり出したのは、サンテレビが阪神戦の放映にふみきってからだろう。

1968年に設けられた同局は、放映ソフトの獲得と拡充に苦慮していた。早朝から深夜までの放映をどう成り立たせるかに、なやんでいたのである。地元球団である阪神の、全試合完全中継へ乗り出したのも、そのためにほかならない。阪神戦は、おおげさに言えば新設UHF局の巨大な埋め草として、浮上したのである。

次ページ当時は放映権料も安かった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT