「緊急避妊薬」市販化で高まる性教育の必要性

スキンシップと性的行為の違いを教える絵本も

緊急避妊薬市販化によって、子供の性教育がより重要になります(写真:CHANTO WEB編集部)

政府は、性交後72時間以内に服用する「緊急避妊薬」(アフターピル)を、医師の診察なしで薬局等で買えるように制度を変更する方針を固めています。

性暴力を含めた予期せぬ妊娠を防げる反面、「これさえ飲めばOK」と考えて事前に避妊なしで性交する人が増えるのではないか…という懸念も出ています。

このような状況下でますます重要になってくるのが、子どもの性教育ではないでしょうか。

とはいえ、親から子どもに性のことを話すのはなかなかハードルが高いもの。今回は、少しでも伝えやすくするおすすめ手段の1つとして「絵本」を紹介します。

アフターピル市販化で、より性教育が大切な理由

一般的に「ピル」と呼ばれる低容量ピルは、避妊だけではなく、重い生理痛などの月経障害を軽くしたり、アスリートが体調を管理するために飲むこともある薬。

医師の処方のもと継続的に服用し、正しく飲んでいた場合の避妊率は99%を超えると言われています。

今回、市販化の方向性が示された緊急避妊薬(アフターピル)はそれとは異なる薬で、性交後72時間(3日)以内に服用すれば、24時間以内で95%、25~48時間以内で85%、48~72時間以内で58%の確率で妊娠を防げるとされます。

WHO(世界保健機関)は以前からアフターピルの普及を推奨しており、各国に向けた提言でも以下のように述べています。

緊急避妊へのアクセスが良くなることによって、性的避妊リスク行動は増加しな

意図しない妊娠のリスクを抱えたすべての女性および少女には、緊急避妊にアクセスする権利があり、緊急避妊の複数の手段は、国内のあらゆる家族計画プログラムにつねに含まれねばならない

これまでの海外の状況からみると、緊急避妊薬が市販されたからといって必ずしも無責任な性行為が増えるとは限りません。

しかし、10代など若い世代のカップルでは、お互い正しい知識を持たず、友だちやネットの誤った情報にもとづいて行動してしまう可能性は残ります。

それを未然に防ぐためには、やはり子ども時代に性別を問わず正しい知識を身につけておくことが不可欠といえるでしょう。

次ページ幼児におすすめの性教育に役立つ絵本
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT