「iPSから網膜シート」神戸で世界初の移植手術

国内におよそ4万人の患者「網膜色素変性症」

兵庫・神戸市の病院がiPS細胞から作った「網膜のシート」を重い目の病気の患者に移植する世界で初めての手術を行ったことがわかりました。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

神戸アイセンター病院によりますと、移植を受けたのは、光を感じる網膜の視細胞が徐々になくなり、失明することもある「網膜色素変性症」の患者です。今回、健康な人のiPS細胞から作った視細胞のもとになる網膜のシートを重度の患者の網膜に移植したということです。

この病気の患者は、国内におよそ4万人いるとされていますが、網膜の細胞の移植は、世界で初めてで、患者から期待の声が上がっています。

網膜色素変性症を患う前川裕美さん「やっとというかいよいよ始まったんだなと。すぐ近くの神戸で(手術を)しているのはそれだけで心の支えになるし、希望を持ち続けられる」

病院では、およそ1年かけて、安全性と治療の効果を確認するということです。

日テレニュース24の関連記事
福島第一原発の処理水「海洋放出」決定へ
「声はやく聞きたい」少女を誘拐 男逮捕
“線路脇に3日”シカの救出活動 埼玉
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT