三井物産があえて農業分野に力を入れるワケ

世界人口100億人へ、世界的課題となる食料増産

三井物産の高田康平執行役員は「アグリ事業は市況に左右されずに着実に伸びていく領域だ」と語る。(撮影:梅谷秀司)
これまで鉄鉱石やLNG(液化天然ガス)などの資源事業で大きく稼いできた三井物産。だが、2021年3月期は新型コロナウイルスの感染拡大や資源価格下落の影響を大きく受けそうだ。
同社は2021年3月期の純利益は1800億円と見通しており、2020年3月期実績の3915億円から半減する見込みだ。
この厳しい状況下、三井物産は2023年3月期を最終年度とする新しい中期経営計画を策定した。「定量面でコロナ影響を見通すことは非常に困難だ」(三井物産の安永竜夫社長)としながらも、「三井物産が向かう方向を社内外に示すことが重要だ。コロナが収束してから出すのはありえない」(安永社長)との理由から新中計の公表に踏み切った。
最終年度の純利益目標は4000億円。コロナ影響の度合いによっては目標を修正する可能性もあるが、この数字には安永社長の強い思いが込められている。目標の4000億円のうち、その6割にあたる2400億円を非資源分野で稼ぐ方針なのだ。2020年3月期の非資源分野の純利益は全体の約4割、1630億円で、3年間で3割以上伸ばす計画となる。
この非資源分野の利益成長のカギを握る1つがアグリカルチャー事業だ。同事業は化学品事業の一部門で、化学品の中でも着実な成長が見込まれている。今後3年間、どう攻めるのか。高田康平・執行役員ニュートリション・アグリカルチャー本部長に聞いた。

市況に左右されず着実に伸びていく

――アグリ事業は三井物産の成長戦略において、どのような位置づけなのでしょうか。

世界人口が増加する環境を踏まえると、アグリ事業は市況に左右されずに着実に伸びていく領域だ。

ニュートリション・アグリカルチャー本部ができたのは2016年の4月のこと。化学品と食料にまたがる領域で新たな収益基盤をつくるべくやってきた。世界人口は2050年には100億人に近づくと言われる中で、食料増産は世界的課題として避けて通れない。

世界人口の増加ペースを踏まえると、現在の食料生産量から5割程度増産する必要があるという見方もある。アグリ分野はまさに人々の生活に不可欠なエッセンシャルビジネスの一つだ。

三井物産におけるアグリ事業は現状では、資源事業ほど収益インパクトは大きくないが、しっかり伸ばすことで三井物産の成長を下支えしていきたい。

本記事の続きはこちら。『東洋経済プラス』では「5大商社『次の一手』」として、キーマンのインタビューなどを掲載しています。
【プロローグ】バフェット氏が目をつけた5大商社の現在地
【インタビュー】三井物産・高田執行役員に聞く
【データ】三井物産のカギは「非資源」の強化

【インタビュー】住友商事・南部智一副社長に聞く
【データ】住友商事「赤字見通し」が示す課題
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT