スーパーゼネコン、小型地方工事に群がる事情

新型コロナで異変生じた「ゼネコン受注最前線」

大型開発工事は初期段階のものやこれから着手されるものが多い(記者撮影、写真と本文は直接関係ありません)

「そこまでして取りに行ったか」

準大手ゼネコンのある中堅社員は、ある入札結果を見て、驚きの声を上げた。

2020年8月。香川県多度津町が新庁舎建設工事を一般競争入札にかけた。落札したのはスーパーゼネコンの大林組。人口2万3000人の小さな町の一案件に、鹿島や清水建設、戸田建設、飛島建設、フジタといった大手ゼネコンが応札した。

予定価格約34億円のところ、落札価格は28億3500万円。「おそらく(落札の最低額を制限する)最低価格で札を入れている。採算ギリギリの線だろう」と冒頭のゼネコン社員は語る。

中規模案件に群がるスーパーゼネコン

新型コロナウイルスが襲い掛かった今期は、ゼネコン・建設業者に異変が起きている。「スーパーゼネコンは今期や来期あたりの売り上げを埋めるために、本来は準大手や中堅が手掛けるような小型の工事まで手を出している」と別の準大手ゼネコン社員は話す。

中型ビルの改修工事や中規模ホテルの建設、病院や学校などの耐震補強工事など、工期が1~2年で工事高が10~50億円ぐらいの案件に、スーパーゼネコンが群がっているというのだ。

首都圏では現在、六本木、新宿、品川、東京駅周辺などで大型再開発計画が目白押しとなっている。スーパーゼネコンにはこういった大型の再開発案件が積み上がっている。ところが、再開発案件は工事が初期段階のものやこれから着手されるものが多い。

本記事の続きはこちら。『東洋経済プラス』では「ゼネコン異変」として、上記を含む3つの記事を掲載しています。
①悲鳴をあげる下請け建設業者
②「小型工事」に群がる超大手ゼネコン
③データ編/ゼネコン「我が世の春」は終った
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT