「もうやったらあかんで」裁判官の励ましの言葉

夫の借金を抱え込み窃盗で有罪判決の女性に

窃盗で有罪判決を言い渡された被告人。閉廷後、裁判官が被告人の手を握りながらかけた言葉とは?(写真:wutwhanfoto/iStock)

裁判官は無味乾燥な判決文を読み上げるだけ…と思ったら大間違い。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

人を裁くという重責を担っているからこそ、ときには厳しく温かく、人間として被告人に、被害者に、そして社会に語りかける場面も。

法廷での個性あふれる裁判官の肉声を集めた幻冬舎新書『裁判官の爆笑お言葉集』から、とくに考えさせられる部分を抜粋しました。

そのとき、40センチの段差が埋まった

もうやったらあかんで。がんばりや。
窃盗の罪に問われた被告人に、執行猶予・保護観察つきの有罪判決を言い渡しての、閉廷後の出来事。被告人が退廷するときに、一段高い裁判官席から身を乗り出し、被告人の手を握りながら。
大阪地裁 杉田宗久裁判官
当時47歳 2003. 10. 29[閉廷後]

裁判官に励まされた本件の被告人は、その場に泣き崩れたといいます。育ち盛りの2人の子どもを持つ母親で、パートで働いてはいたものの、数年前に家出した夫の借金まで抱え込み、追いつめられた末に、スーパーで万引きを繰り返していました。

この杉田宗久判事、女性5人が被害に遭った強盗・強姦事件の判決公判において、「検察官の求刑は軽きに失する」として、求刑を2年上回る懲役14年を言い渡したことで有名です。最近も、ある酒気帯び無免許運転に「求刑超え判決」を下しておられます。

『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書)。書影をクリックするとアマゾンのKindle版購入サイトにジャンプします

「求刑の8割」が、量刑相場として通用している司法業界。求刑を超えた厳しい結論を2回も出した裁判官は、日本広しといえど杉田判事ぐらいのものでしょう。

ある公判では、冒頭陳述(被告人のプロフィールや事件の背景などを語る手続き)で、被告人の前科や前歴の有無を記載しないように、あらかじめ検察官に指示したことでも知られます。

「罪を犯した過去があること」と「本件を犯したかどうか」は、本質的には無関係ですからね。偏見や先入観を取りのぞいて、審理に正面から臨むという志に貫かれた、厳しさであり、優しさなのでしょう。

幻冬舎plusの関連記事
前頭葉の5つの鍛え方。普段と違う服を着ると怒りをコントロールできるようになる?!
僕らはなぜ「怖いもの」を追い求めるのか
オタクの家には必ず常備!?養生テープが台風対策で大活躍
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT