教えても褒めても新人は動かない?

じゃあどうすればいいの?というアナタに…

 2014年度の新入社員のタイプについて、日本生産性本部が発表したのは「自動ブレーキ型」。安全運転型よりも「新人ならもっと失敗を恐れずに!」とやきもきする上司の方も多い様子。今回の『こちら営業部女子課』では、新たに配属してくる新入社員のあるあるシーンを挙げながら、彼ら彼女たちを育成していくヒントをご紹介します。

4月に学校を出たばかりの新人も入社して1カ月が経ち、そろそろ研修を終えて新たな部署に配属する頃。上司である皆さんの多くも、世代の異なる新人社員とのコミュニケーションに苦労されているのではないでしょうか。

そこで今回は「新人あるある」を、ランキング形式でお届けします。真新しいスーツ姿も初々しい新入社員数名に登場してもらい、彼女たちと男性上司の会話に耳を傾けてみます。そこから新人たちの傾向を探り、彼女たち世代の価値観を理解して、その育て方のヒントをつかんでいただければ幸いです。

新人A子「おはようございます!」
男性上司「お、元気だね。おはよう!」
新人A子「はい。先輩にあいさつは元気よくと言われたので!」

まずは第8位、「言われたことは素直に受け止める素直な新人」です。上司や先輩から言われたことは、とりあえずは聞いて、言われたことはそのとおりやってみようという態度でいます。こういうタイプはほほ笑ましく、初期知識や能力のいかんを問わず、伸びるタイプが多いですね。上司である皆さんも好感を抱くのではないでしょうか。

新人B子「あの、これってどうすればいいですか?」
男性上司「え? また? もう4度目だよ?」

いますよね~(笑)、第7位は「何度も何度も聞いている新人」です。教えたばかりであれば、「自分の教え方がよくなかったかな? よし! もう1度自分の再確認のため一緒にやってみるか」と思うすてきな上司さんもいることだと思います。ですが何度も教えているのに同じことを聞いてこられると、さすがに困惑してしまいますよね。でもこれって、決してやる気がないわけではないのです。

次ページまずお手本を見せる!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。