ゆうちょ銀「不正引き出し1800万円超」の唖然

ドコモ口座など6社の決済サービスで109件発覚

記者会見で陳謝するゆうちょ銀行の田中副社長(16日、東京都千代田区で)

ゆうちょ銀行は16日、NTTドコモの「ドコモ口座」やペイペイなど連携する6社の電子決済サービスで、15日までに計109件の貯金の不正引き出しが確認され、総額は1811万円に上っていると発表した。一連の問題発覚後、一つの銀行としては最大の被害となる。

ゆうちょ銀によると、6社のサービスのうち、不正引き出しはドコモが82件(1546万円)で突出していた。ペイペイでも17件(約142万円)が確認され、フリーマーケットアプリ大手「メルカリ」傘下のメルペイ、金融ベンチャーのKyash(キャッシュ)、LINEペイ、米決済大手ペイパルでも被害があった。

ドコモは16日午前0時時点で、11行の145件で2678万円の被害があると公表したが、半分以上はゆうちょ銀が占めていたことが明らかになった。同日までに判明した一連の被害は、少なくとも11行と決済6社で172件、計2943万円となった。

ゆうちょ銀は、被害が出た6社のサービスと口座をひも付ける際に「2段階認証」を導入していなかった。同行は17日までに、6社との間で2段階認証を導入する方針を表明した。同行の田中進副社長は16日、記者会見を開き、「深くおわび申し上げる。被害者には全額補償を行う」と陳謝した。

同行は、通帳に身に覚えのない取引記録があった場合、コールセンター(0120・108・420)や郵便局へ相談するよう呼びかけている。コールセンターの平日受付時間は午前8時半~午後9時。土日祝日は午前9時~午後5時。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT