詐欺狙い?メルカリに国勢調査員用の手提げ袋

総務省が売買中止要請、出品禁止に

メルカリに出品された手提げ袋(メルカリのサイトから)

総務省は15日、国勢調査の調査員に支給された手提げ袋がフリマアプリ「メルカリ」に出品されたと明らかにした。

同省によると、手提げ袋は「国勢調査エコバッグ」との名称で出品され、表面には「令和2年国勢調査 総務省統計局」と記されていた。価格は1袋1000円に設定されていた。

手提げ袋は、国勢調査の調査書類を各戸に届ける調査員約61万人に1袋ずつ配布された。14日に出品を把握した総務省は「調査員を装った詐欺に使われる恐れもある」としてメルカリ側に売買の中止を求めた。

メルカリによると、手提げ袋は一時売約されたが、その後取り消され、発送されていない。同社は国勢調査の支給品を出品禁止にした。高市総務相は15日の閣議後の記者会見で「極めて残念。調査の安全な実施を損ないかねない」と語った。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT