新型コロナにまつわる致命的な「3つの大嘘」

「コロナ大不況」も「世界が変わる」も大間違いだ

いつもと違う東京・銀座の8月。「コロナショック」はどの程度深刻なのだろうか。もう一度良く考える必要がありそうだ(写真:つのだよしお/アフロ)

世の中は嘘であふれている。今回はその中の「3つの嘘」を糾弾しよう。

8月17日、日本の2020年度4-6月期のGDP速報値が発表され、前期比で年率換算27.8%の減少となった。これを受けて、メディアは「リーマンショックを上回る戦後最悪の不況」などと騒ぎ立て、有識者も「回復は最悪の場合、2024年度になる」などとコメントしている。

こうした見方はすべて間違いだ。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

第1の嘘は、このようなコロナショック不況についての考え方だ。経済は今後、不況にならない。逆だ。世の中はバブルになる。なぜ、そんなこともわからないのかは大げさに言えば「21世紀最大の謎」だが、有識者たちの一部は確信犯なのかもしれない。

今回の不況のサイズは「史上最小」かもしれない

足元のGDPの減少は、足元だけのことだ。そして、すでに5月末に緊急事態宣言の終了とともに終わっている。7-9月期は必ずV字回復する。そのV字が緩やかになるかどうかはポイントではあるが。すでに6月以降、経済は回復し始めている。この数字に対応して、新たに経済対策を打つ必要は全くない。

少し計算してみれば、すぐにわかるはずだ。日本のGDPは500兆円強。四半期では130兆円程度。27.8%というのは年率換算だから、前期比ではマイナス7.8%。実質額では10兆円程度にすぎない。これがコロナショックのすべてだ。

つまり瞬間的に需要が蒸発しただけだ。基本は「フローのショック」に過ぎない。一時的に行動制限されたから、その期間は需要が失われた。それが終われば終わる。だから、後をひかない。不況のサイズとしては、史上最小の不況と言える。

スピードとしても最速だ。ショックで大きく落ち込んだのは3~5月の3カ月だけ。6月からは回復しており、たった3カ月の経済縮小ショックだった。史上最悪なのは、瞬間風速だけで、一時的に需要が蒸発したと言われるその現象だけが特異なだけで、それ以外は、普通の不況である。いや、普通以下の、史上最小のミニマムショックだったのだ。

次ページリーマン、東日本大震災時と違う点は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT