家族円満「名もなき家事」との上手な付き合い方

名付け親が教える「家庭内あるある」の対処法

テクニック1. 指摘しない

「たとえば、ある家事をAさんにまかせたら、その家事の担当者はAさんです。Aさんのやり方に口を挟み、指摘しないことを心がけましょう。Aさんが慣れない家事だった場合、失敗することがあるかもしれません。でも、失敗のなかから学ぶことも多くあるので、失敗を責めないで。家事をやり終えたあとの小言もタブーです」

テクニック2. 待つ

「子育てと同じで、待つことが大事です。家事をまかされた人は、自分のペースで家事をこなすので、まずは黙って見守ること。まかせた家事に関して伝えたいことがあったら、間を置いて伝えることもポイントです。ここまでに終わらせてほしいというおしりの時間を決めると、作業効率がアップします」

テクニック3. 感謝を伝える

「褒めて伸ばすのは1つのテクニック。まかされた人は、その家事をやり終えたら達成感があり、ここでお褒めの言葉が有効です。『ありがとう』のひと言で、『またやろう』という気持ちが芽生えます。家庭内で素直に感謝を伝え合えるのは非常にいいことです」

3つのテクニックにならって気持ちのいい家事分担を(写真:マイカジ編集部)

ルールの明確化や、相手を思いやった役割分担を

三木さんと梅田さんが強調するのは、家庭内でのルールの明確化や、得手不得手を思いやった役割分担の重要性。そこでは、「名もなき家事」を軽視せず、やってくれている家族へのリスペクトが何よりも大切なのかもしれません。おふたりのアドバイスを参考に、「名もなき家事」の取り組み方を変えてみると、気持ちや時間にゆとりが生まれ、家族みんなが笑顔になるはずです。今すぐ実践できる方法で、心地よくラクに暮らしませんか?

(写真:伊藤大作、ライター:金子 恵美子)

<プロフィール>
梅田悟司さん
コピーライター/3歳の愛息と奥様の3人暮らし。2016年から2017年にかけて、4カ月半の育児休暇を取得。当時を振り返ってTwitterに投稿した「育休を4カ月取得して感じたこと」が反響を呼び、累計1200万PVに。著書に、『やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。』(サンマーク出版)ほか。
三木智有さん
家事シェア研究家/5歳の愛娘と奥様の3人暮らし。内閣府「男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会」委員。”10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!”をスローガンに家族の家事シェアを広めるため、NPO法人tadaima!を設立。年間80本以上の講演・講座を行う。
マイカジスタイルの関連記事
家事代行はどう頼む?初めての利用者が知りたい家事代行Q&A
家事分担の不公平感は「名もなき家事」が原因!?
家事の時短ができるすっきり収納アイデア 第2回 リビング編
家事の時短や節約に効果的!ネットスーパー活用術
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT