家族円満「名もなき家事」との上手な付き合い方

名付け親が教える「家庭内あるある」の対処法

2.「タッパー神経衰弱」は同じシリーズでそろえる
タッパーは同じシリーズで統一(写真:マイカジ編集部)

タッパーのフタと容器を正しく組み合わせる家事「タッパー神経衰弱」は、いざ使うときに容器に合うフタが見つからず、イライラしてしまう“あるある”です。

「いつの間にか増えてしまった形やメーカーが異なるタッパーは、思い切って断捨離。同じシリーズで統一すると、フタと容器を組み合わせる手間が省け、重ねて収納でき省スペースにもつながります。片づけは、パズルゲーム感覚でお子様にお手伝いをしてもらうのもいいですね」

3.「開閉地獄」はゴミ出し直前に閉める
袋の口はきつく閉めずに、一旦玄関に置いておく(写真:マイカジ編集部)

ゴミ袋の口をきつく閉めた後に新たなゴミが出て、きつく閉めたことを後悔しながらどうにか開ける家事「開閉地獄」。新たなゴミが出たら……諦めますか? 袋にねじ込みますか?

「ゴミをまとめたら、袋の口はきつく閉めずに、一旦、玄関に置いておくのがポイントです。集積所へ持っていく直前にしっかり閉めるというルールを家庭内で明確化しておけば、『開閉地獄』から解放されます」

「名もなき家事」を家族でシェアする方法

梅田さんいわく、「無限にある『名もなき家事』は、特定の人に負担が集中しないように家族で分担するのがいちばん」。それぞれの家庭にどんな「名もなき家事」があるのかを明確にし、どう分担するかを決めましょう。各自が気持ちよく家事分担をするには、3つのテクニックが重要です。

次ページ指南しない・待つ・感謝を伝える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT