日本はコロナ大量感染の米国よりも深刻になる

今後の「経済の下振れリスク」はかなり大きい

トランプ大統領は3カ月ぶりに「コロナ会見」を再開。筆者は大規模かつ迅速な財政出動を評価する(写真:UPI/アフロ)

アメリカの株式市場は3月に反転、6月以降も高値圏で推移している。この大きな理由の一つは、財政金融政策が大規模に打ち出されたことだ。連邦政府の財政赤字は、コロナ後に政策対応が打ち出された4月から大きく増えて、GDP比5%程度から6月までに同約14%と、わずか3カ月で一挙にGDPの10%規模に財政赤字が拡大した。

経済メディアなどでは、財政赤字が増えたことをネガティブに報じることが多い。ただ、経済ショックによる損失を抑え経済状況を安定化させるために、適切かつ大規模な財政金融政策を行うことはベーシックな経済理論によって正当化される。

トランプ政権の対応は「大規模かつ迅速」

この連載の一覧はこちら

財政政策には、政府による歳出拡大、そして給付金・減税で家計・企業に対して政府資金を移転する、と2つの手段に分けられる。そして、アメリカでは給付金支給などを通じて、6月までに約1兆ドル(約107兆円、GDP比約4.6%)の政府資金供与がなされ、家計所得を増やしたと試算される。

感染阻止のための都市封鎖によって、アメリカのGDPは4~6月期に前期比で約10%縮小したと推計される。これは戦後最大の経済ショックである。このため、国内総生産(GDP)の10%規模の財政赤字拡大は正当化できると筆者は考えている。

もちろん緊急対応なのでさまざまな問題を抱えているが、十分かつ大規模な政策対応によって経済が正常化するとの期待が、同国の金融市場では保たれている。このため、代表的な指標であるS&P500の年初来騰落率は7月22日現在でプラス圏に浮上するなど、アメリカ株のパフォーマンスが他の多くの国を上回っているのだろう。

同国の現政権の政策対応を評価するために、戦後最大の経済危機と言われたリーマンショック後の財政赤字の推移と比較する。当時、危機発生前の財政赤字はGDP比約1.5%程度だった。

だが、その後1年半程度現在よりは緩やかに財政赤字が増え、2010年1月時点で財政赤字は同10%まで拡大した。当時とは経済危機の性質が異なるので単純な比較は難しいが、リーマンショック後に就任したバラク・オバマ前大統領時による財政政策と比べて、今回のドナルド・トランプ大統領の対応は大規模かつ素早い対応である。

次ページ財政赤字は「第2次大戦時」に近づく
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT