首都圏子育て世代の地方都市移住への本気度

学校、公共交通が少ないデメリットに注意

アフターコロナ・ウィズコロナの社会では、人の密集する都会からゆとりのある地方へと、ますます人々の関心が高まりつつあります(写真:cba/PIXTA)

勤め先の関係上、首都圏や大都市に住んでいる子育て世代のママやパパ。

「満員電車での通勤や保育園の激戦ぶりにうんざり。もっとのんびりした環境で子育てできたらな……」と考えてしまうことはありませんか?

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

実は近年、さまざまな理由から若い世代の地方移住希望者が増えているそうです。

今回は、地方移住を決断したファミリーに、きっかけやメリット・デメリットを聞いてみました。子育て世代が利用できる支援制度も紹介します。

子育て世代が地方移住を考えるきっかけ

NPOふるさと回帰支援センター」が毎年公開している利用者データによると、2008年からの12年間で地方移住についての問い合わせ件数は約20倍も増えているそう。

当初は定年でリタイアした後の「田舎暮らし」として地方移住を検討する40代以上の相談が大半で、20~30代の利用者はわずか16%だったのが、2019年には44.8%と半数近くまで伸びています。

その背景には、次のような要因があると考えられています。

価値観の変化

平成の長い不況の中で育った現在の若い世代は、高度成長期やバブル経済を経験した世代とは価値観が異なり、お金やモノよりも、自分の時間や気の合う仲間とのつながり、心の安定などを求める傾向があるといわれます。

連日の残業や接待をバリバリこなして都心に家を買う……といったハードな働き方は人気がなくなり、時間のゆとりを得られる地方で働くことの魅力が高まっているといえます。

人口過密による暮らしにくさ

首都圏では満員電車の長時間通勤を強いられる人が大多数。

また待機児童も多く保活は激戦で、ママが仕事復帰に苦労する状況も続いています。

人口の多い都会で暮らすメリットをデメリットが上回ったとき、人は地方移住を考えるのではないでしょうか。

次ページ子育てのメリットは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT