「学校や会社でフェイスシールド」の強い違和感

科学的根拠乏しくイメージ優先なのではないか

「友達は感染者かもしれない」という猜疑心を植え付ける悪影響も(イラスト:kotorina/PIXTA)

5月25日、福岡県粕谷町の小中学校で、すべての児童生徒と教職員にマスクとフェイスシールドを装着させたうえで、授業を再開したという(「フェイスシールドで授業で授業再開 福岡・粕谷町の小中学校」FNN/2020.5.25)。校内では給食と体育の授業以外は原則装着するらしい。

私は映像を見てギョッとし、常識を逸脱しているとしか思えなかったのだが、教育委員会の大人たちは、これを異常とは感じなかったのだろうか。

フェイスシールドは是か非か

文部科学省が定めた新型コロナ感染に伴う学校の衛生管理マニュアルを確認してみたが、フェイスシールドについての記載はない。専門家は、飛沫はマスクで防げると考えており、このマニュアルを作る際にフェイスシールドについて言及されることはなかったようだ。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

だが、大阪市でも、松井一郎市長が市内の小中学校に通う全児童生徒と教職員にフェイスシールドを装着させる考えを明らかにし、すでに対象約17万5000人分の発注を指示したらしい。ほかの自治体からも、同じような「感染対策」が発表されている。

フェイスシールドを装着したままインタビューに答えていた福岡の男子生徒は「息苦しい」と言っていた。私は、ヘアバンドやカチューシャをつけると頭痛を起こす子どもだったので、フェイスシールドによって具合が悪くなったり、授業が頭に入らなくなったりする子もいるのではないかと思えてならない。

だが、学校は「生徒や保護者の安心につなげていきたい」とのことだが、これからの季節、熱中症の原因になるのではないかと心配だ。現に、NHKの報道によれば、すでに熱中症の疑いで病院に搬送された人が、5月中、東京都内だけで128人にのぼるという。

次ページ科学的根拠より「安全に見える」イメージに頼る人々
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。