梅雨時期のやっかいな「カビ」の正しい対処法

乾燥している時期のしっかり掃除が重要だ

梅雨の時期にカビを発生させないようにするには? 正しいカビ対策のポイントを紹介(写真:bee/PIXTA)  
梅雨に入ると、住宅内にカビが発生しやすくなることを受けて、リンナイがカビに関する意識調査を行い、合わせて「カビ対策知識テスト」を公開した。カビに悩んでいる人は約8割もいるのに、カビ対策知識テスト合格者は約3割しかいないという結果だったという。早速、テストに挑戦してみよう。

あなたも挑戦!「カビ対策知識テスト」

では、リンナイが公開したテストに挑戦して、あなたのカビ対策知識力を判定してみよう。次の文で正しいと思うものは〇、間違っていると思うものは×と答えよう。

■「カビ対策知識テスト」(カビ専門家・矢口貴志先生監修)より抜粋
1. 湿度と温度の2つの条件がそろうとカビはどこでも生育する
2. 浴室のカビ対策として入浴後に水をすべてふき取るほうがよい
3. 浴室のカビ掃除は天井が最も重要である
4. エアコンのカビ対策としてはフィルターを定期的に掃除すれば十分
5. カビは氷点下では生きられないため、冷凍庫では発生しない
6. カビは水分を好むがダニは水分を好まないためカビとダニは同時には発生しない

正解は、「1.×、2.〇、3.○、4.×、5.○、6.×」だ。実際のテストはこの倍の12問あり、9問以上正解が「カビ対策優等生」、5~8問正解が「合格点」になっている。筆者は合格点だったが、自信をもって回答できた設問は少なかった。意外に難しいという印象だ。

カビの悩みは「掃除」。でも、カビ対策のカギも「掃除」

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

リンナイの調査によると、「カビに悩まされている」という人は77.5%(「とても悩まされている)13.2%、「やや悩まされている」64.3%)もいた。カビが気になる季節は、「夏(梅雨)」に集中していて、69.6%を占めた。

カビに関する悩みは、「掃除をするのが大変」(80.8%)、「水回りが汚くなる」(60.9%)、「嫌なにおいがする」(43.7%)が上位に。カビは掃除してもなかなか取り切れず、油断するとすぐ発生するので、ストレスが溜まることだろう。

次ページカビが発生しやすい条件
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。