終末期病棟で若いヘルパーに恋した女性の顛末

漫画「お別れホスピタル」(第3話)

150床ある入院ベッドはつねに満床、その7割が認知症患者である(画像:『お別れホスピタル』より)
『お別れホスピタル』(書影をクリックすると、小学館のサイトにジャンプします)

誰しもに訪れる「死」を見守る――終末期病棟。

ガン患者と家族、認知症の老人、夫婦の姿――。そこで働いて2年目の看護師・辺見が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生”をめぐる赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマでした。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代。あなたにとって、家族にとって「生きるとは?」 「死とは?」をストレートに問いかける問題作。『お別れホスピタル』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

前々回記事:「ゴミ捨て場」と呼ばれる"終末期病棟"での最期

前回記事:終末期病棟で「神」に祈り続けた人の最期の言葉

【カルテ3】幸村ヨシさん

©沖田×華 / 小学館
次ページ”失楽園ごっこ”
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。