接客業でヒマな人の効果的な「時間潰し」の知恵

具体的な顧客を想定し、特徴を3つ考えよう

コロナウイルスの影響で増えた「お客様のいない時間」を、有効に使うテクニックをお届けします(写真:EKAKI/PIXTA)
売り上げトップ販売員から接客アドバイザーに転身した平山枝美さんの最新刊『あの人だけが、なぜ売れるんだろう? 売れる販売員になる30のこたえ』が3月18日に発売しました。現役販売員の方から平山さんの元に多く寄せられる“接客の悩みや疑問”を取り上げ、すぐに実践できる解決法をご紹介しています。
コロナウイルスの影響で、お客様のいない時間が増え、暇疲れしている販売員の方も多いのではないでしょうか。そんな時間を有効に使うテクニックを本書よりお届けします。

Q.暇な時間に、何をすればいいかわかりません。

お客様がいない時間が続くと、さすがに暇。店の掃除はやりつくしたし、商品の配置を変えてみるのも限界。お客様が入りやすいようにするには、テキパキ動いたほうがいいのはわかっているけれど、何をしていればいいのかわからない、という声が売り場から聞こえてきます。

A.商品の特徴を3つ考える時間にしましょう。

お客様がいない間は、商品知識を増やし、接客に備える時間にしましょう。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

小さなノートをポケットに入れておいて、商品を見ながら特徴を考えてみます。「このワンピースは丈が長い。ゆったりしている。シワになりにくい」。当たり前のことですが、これをメモしておきました。

メモをすることで接客がよりスムーズに

すると、作業をしていると思ったのかお客様がそっと入店してきました。私が特徴を考えていた商品を手に取ったので、先程メモをしたことがぱっと頭に浮かび、以前よりも詳しく特徴を話すことができました。どれも当たり前のことですが、いざ接客中に言おうと思ってもなかなか出てこない言葉だったので、私自身とてもびっくりしました。

このように、当たり前のことでも、頭が真っ白になってしまいがちな接客中は、なかなか言葉が出てこないものです。お客様がいない暇な時は商品の特徴を3つ挙げられるようにして、接客に役立てましょう。

レジではなく売り場でできる取り組みなので、接客に切り替えやすいのもいいところです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。