トイレットペーパーに殺到する群集が厄介な訳

非常事態は自分こそが正しいと思ってしまう

一度デマが出回ってパニックが起きると、それを打ち消そうとすることで逆効果になる場合がある。

「在庫は十分にあります」と政府が発表しても、目の前に実際に存在していなければ、「本当か?」と疑い始めるし、逆に、スーパーなどの販売の現場では「本日は入荷はありません」と言っているのに「本当か? 倉庫にあるんじゃないのか?」と従業員が詰め寄られたというケースが頻発している。

「群衆」の心理にとらわれている人に対しては、基本的に “公式の” “言葉だけの” 情報発表は無力なのだ。

ではどうするか。こうなった場合は、情報よりも事実のビジュアル化で立ち向かうしかない。「こんなにあります!」とか、「ほら空っぽです!」といった具合に、現実を見せて納得させるしかないのだ。

かと言って、大手ショッピングセンターがやったように、トイレットペーパーを大量陳列して「お1人様10個まで」とアピールするようなやり方は、どこにでもやれることではない。だがやはりどの店においても、どんどん店頭に積んで見せることでしか抑えられないところがあるだろう。

情報は少なすぎても多すぎても不安になる

「情報」というものも、どれだけあれば人々を落ち着かせることができるのかと考えると、解は見つからないものだ。そもそも現代のような情報化社会そのものが、不安を作り出している部分もある。

テレビやネットで世界や日本各地の状況をすぐに知ることができる。中国、韓国、アメリカ、イタリア、イランの感染情報があまりにもすごい速さでどんどん入ってくる。それがいま、人々の不安を増幅していっている状況だ。

また、SNSには各地のスーパーの商品棚の写真が投稿されている。それを見ると、自分の通うスーパーはどうなのかが気になってしまう。情報は大量にあっても、自分の生活に直接必要なものはそう見つからないものだ。

世界中の情報が続々と入ってくる社会と、すべてネットで把握できるという個人の錯覚が、新たな不安を生んでいる。

今回とくに気になるのは、一部ワイドショーの報じ方だ。メディアは広く事実を伝えなければならないし、私は自民党公報の回し者でもないが、あまりに過剰に「いちばん弱くて不安に駆られている立場の視聴者」の視点を代弁したり、必死の空気を作ったりすると、その報道そのものが「不安の表現」になってしまう。

それは平時なら「またテレビが大げさなことを言って……」と煎餅でもぼりぼりかじりながらテレビを見ていられるが、緊急時には人々の潜在的な不安を喚起して、パニックを誘発してしまうから危険だ。平時でよく見る、どうでもいいことのあおり芸は、この際、テレビは見直してほしい。

人は簡単に群衆の心理に吸い込まれてしまうことがあるし、それを誘発する情報にあふれて溺れかけてもいる。踊らされてパニックになった人々を笑うことは簡単なのだが、報道する側が人間のサガと社会の構造について考えてみる機会にするのもよいと思う。

そして「群衆」に巻き込まれなかったほうの人たちは、世の中を公共心で眺めながら待つことができている自分の態度こそが、大人の振る舞いなんだと考えよう。「群衆」になった人を「やめなさい!」と制止したって、聞く耳を持たないか、刺激して逆効果になるばかりだ。トイレットペーパーは必ずそのうち手に入る! これが確かな真実なのだ。

幻冬舎plusの関連記事
『隠されたパンデミック』より一部公開 感染者を差別し、マスク不足で殺気立つ市民の姿が、10年前の小説に…!
大本営発表は政治とメディアが近づきながら大げさになった【再掲】
ロリータ服を着たいアラフォーが発見した、本当にしたかった髪型とファッションのこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT