「自分を不幸にする人」が陥りがちな思考のクセ

コロナ騒動でも暴発する「不安」の正体

イライラや恐怖は伝播しやすいと言われています。どうすれば感情をコントロールすることができるでしょうか?(漫画:斉藤的作〈さいとうてきさく〉)
新型コロナウイルスのニュースが続くなか、SNSなどでは連日、誹謗中傷の言葉が飛び交っています。恐怖や憎悪、不安、絶望などは「情念」と呼ばれ、人間の意志で抑制することが難しく、暴走することもある。その情念のコントロール法を示したのが、20世紀の哲学者アランの『幸福論』です。
哲学書でありながら、平易で実用的な古典的名著。歴史的名著をマンガとともに解説した話題の新刊『マンガでわかる世界の名著』(NHK「100分de名著」制作班 監修)から、イライラした人のトリセツを紹介しましょう。

不幸の原因「ピン」を見つけなさい

アランの『幸福論』は、カール・ヒルティ、バートランド・ラッセルと並ぶ「世界三大幸福論」の1つといわれています。この本を読み進めていくと、「幸福論」という書名とは裏腹に、書いてある内容は「不幸論」だということがわかります。「こういう考え方をしていると不幸になるよ。だからこうしましょう」というアドバイスをしているのです。

「赤ちゃんのエピソード」は、まさにその象徴です。泣き叫ぶ赤ちゃんに困り果てた乳母は、「これは未熟な性格のためだ」「きっと父親からの遺伝に違いない」と思い悩みます。

しかし、赤ちゃんが泣き叫んでいた原因が、産着にピンが挟まっていて、痛がっているだけだったら、どうでしょう。乳母は誤った考えを巡らせるだけで、赤ちゃんが泣いている原因を探ろうとさえしなかった。その結果、問題はますますこじれてしまった、ということになります。

こういうことは、私たちにも往々にして起こりがちです。目の前の悩みの原因を探ろうとせず、ただ「どうしよう」と不安がったり、「もうだめだ」と悲観したり、時には怒りを爆発させたりする。ひどいときには間違った方向へ暴走していく。これこそが「不幸になる考え方」の典型的なパターンなのです。

では、そんなときどうすればよいか。

次ページ幸福になるために大切なこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT