大本営発表の本質が今だからこそ身にしみる訳

メディアが独立していなければ政権は暴走する

太平洋戦争下に「大本営」は、うそと誇張で塗り固めた公式発表を繰り返してきました(lenscap67/iStock)
公文書の改ざん、捏造を行ってきた現政権。かつて、日本軍の最高司令部「大本営」も、太平洋戦争下にうそと誇張で塗り固めた公式発表を繰り返してきました。当時の軍部は現在に置き換えると政権。政治の中心でなぜ、情報の改ざん、捏造、隠蔽が起きるのか? そしてそれがどういった結末を迎えるのか?
2016年に発売された辻田真佐憲さんの『大本営発表~改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争~』は、正確な情報公開を軽視する政治の悲劇、悲惨さを教えてくれます。今こそ読むべき1冊。あらためて「はじめに」をご紹介します。

大本営発表の悲劇を繰り返さないために

大本営発表は、日本メディア史の最暗部である。太平洋戦争の時代、大本営がデタラメな発表を行い、メディアがそれを無批判に垂れ流し、国民がそれに踊らされた。今日でも大本営発表は、「あてにならない当局の発表」の比喩として頻繁に用いられている。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

とはいえ、「大本営発表」の比喩は乱用されていないではない。ネットで検索すると、ありとあらゆるものが「大本営発表」と呼ばれていることがわかる。企業のPR部の発表は「大本営発表」だ。芸能事務所の発表は「大本営発表」だ。当事者の発表は自分に都合よく加工されており、まったく信用に足りないといわんばかりの有り様である。

だが、それは単なる利害相反の問題であって、わざわざ70年以上前の大本営発表の事例を持ち出すまでもあるまい。本当の大本営発表のデタラメぶりは、利害相反の問題を遥かに超越する、もっと深刻で重大なものであった。比喩の乱用は、この大本営発表の本質を見落とす危険性がある。

今日、大本営発表の悲劇を繰り返したいと思う者はいないだろう。であれば、その教訓を正しく活かすためにも、大本営発表の歴史や原因を正しく理解することが不可欠である。

そもそも大本営発表とは、日本軍の最高司令部である大本営による戦況の発表のことである。

ここでは、昭和時代に話を絞ろう。大本営は、日中戦争初頭の1937年11月に設置された。それに伴い、陸軍省と海軍省のメディア対応部署がそれぞれ大本営陸軍報道部と大本営海軍報道部を名乗り、大本営発表の実務を担当した。

大本営発表の内容が太平洋戦争の時代に歪んだ理由はいくつかある。日本軍の情報収集・分析力に難があったということもあるし、作戦部や軍務局などの関係部署が発表内容に介入して、自分たちに都合よく書き換えさせたということもあった。

ただ、大本営発表がデタラメになった最大の理由は、軍部とメディアとの一体化に求められる。

次ページ軍部とメディアとの一体化こそ大本営発表の本質
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。