肩こりを軽減するデスク周りの環境改善のコツ

「良い姿勢」をとるため身の回りを整える

首や肩への負担の少ない理想的ないい姿勢は、下の写真のように、横から見たときに耳の穴が「骨盤→背骨から引いた真っ直ぐの直線上」にくる姿勢です。

このポジションは重力の影響による負担が少なく、肩こりが起こりにくくなります。この位置から頭が前にずれた分だけ、首に負担がかかってしまいます。

(左)よい姿勢(右)悪い姿勢(写真:CHANTO WEB編集部)

首や肩への負担の少ないいい姿勢をとるためには、普段から以下のことを意識してください。

● 椅子に座る時はお尻をぐっと奥まで引いて、深く腰掛ける
● 軽くアゴを引き、頭のてっぺんを天井に向かって引き上げる
● 膝は90度の角度を保つ

いますぐできる「デスク周り」の改善

いい姿勢を常に意識するのは、思いのほか大変です。しかし身の周りの環境を変えることで、姿勢の改善が期待できます。デスク周りでは、以下のことを試してみるといいでしょう。

● 椅子の高さを、股関節と膝が90度になるよう調節する
● デスクの高さを、肘が90度以上になるよう調節する
● パソコンディスプレイの距離を近づける
● 画面はなるべく目線の高さにする
● 骨盤が後ろに倒れないようにクッションなどを入れる

またスマホを操作するときは、なるべく目線の高さで使用することで、姿勢の改善ができます。

次のような体操をこまめに行って、姿勢の改善を目指しましょう。肩こりや疲れと感じたら、すかさずやってみてください。

次ページ姿勢を良くするための体操
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT