衣替えの季節に実践、冬服の洗い方&保管方法

春も目前、オススメの方法を伝授します

(写真:マイカジ)

春も目前。衣替えの季節がやってきます。この冬、活躍してくれた冬服をまた次の冬にも楽しむためには、洗濯と保管の方法を知ることが大切です。そこで、スタイリストで整理収納アドバイザーでもある大沢早苗さんと一緒に、そのポイントを確認しましょう。

冬服の洗濯方法

冬服をしまう前に、必ず行いたいのが汚れをキレイに落とすことです。洗濯のポイントを見ていきましょう。

自宅で洗えるもの、洗えないものをチェック

まずは衣類についている洗濯表示のタグをチェックしましょう。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

洗い桶の記号に×がついていなければ洗濯機で洗えます。次はデリケートな衣類かどうかのチェックです。

洗い桶の記号に二本の下線が入ったマーク、もしくは手洗いのマークが表示されていたら、「おしゃれ着(ドライ)コース」で洗濯しましょう。

(画像:マイカジ)

※洗い桶内に数字が記載されている場合は、数字が洗濯液の上限温度を表します。

シミや汚れは前処理をする
(写真:マイカジ)

家庭で洗濯ができるものについては、汚れの状態をチェックしていきましょう。目立つシミや汚れが気になる箇所があれば、おしゃれ着用洗剤の原液を指で直接塗り、軽く押さえてなじませます。この前処理をすることで、汚れが落ちやすくなります。

洗濯機を使った冬服の洗い方 1. 衣類は洗濯ネットに入れる
(写真:マイカジ)

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れましょう。ポイントは、洗濯ネットのサイズとたたんだ衣類のサイズをぴったり合わせること。このサイズが合っていないと、洗濯後の衣類のシワの原因になります。えりやそで口など汚れやすい部分は、外側になるように裾や身ごろをたたみます。ファスナーやボタン、ホックがある場合はきちんと閉じましょう。

次ページデリケートな衣類は、おしゃれ着用洗剤で
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。