人生の2/3を輝かせる“新・眠り方改革”

寝室環境がビジネスパフォーマンスを変える

人生の1/3は睡眠時間といわれるなか、日本人の約7割が睡眠に悩みを抱え、“睡眠負債”が社会問題にも。長年にわたり睡眠を科学してきた西川と先進のデジタル技術で眠りを研究してきたパナソニックが共に手掛ける「快眠環境サポートサービス」が、3/18(水)からスタート。そのサービスの全容と今後の展望について取材した。
菊地真由美 氏
パナソニック株式会社 アプライアンス社
日本地域CM部門 コンシューマーマーケティングジャパン本部
くらしサービスビジネスユニット くらしサービス開発部
サービス開発・運用課

寝付きが良い人こそ要注意!?入眠までの時間が重要

「何となくよく眠れない、寝てもすっきりしない、と睡眠に悩みを抱える方が増加する一方、夜はすぐ眠ることはできるから安心、という方もいらっしゃいますが、そんな方こそ実は要注意。仕事などで疲れ切ってこれ以上起きていられない、いわば脳が気絶したような状態になってしまっているかもしれません」

そう語るのは、睡眠改善インストラクターの資格を持つ菊地真由美氏だ。布団に入ってから眠るまでの所要時間が、睡眠状態を判断する一つの指標で、ベストタイムは約15分だという。

「飛行機がいきなり地上に着陸することができないように、脳も本来は急にOFFにはできず、ゆっくり眠りに入ります。なかなか眠れない人はもちろんですが、10分未満で眠ってしまう人も睡眠負債が蓄積している可能性があるのです」

パナソニックは創業450年余の歴史を持つ寝具メーカー・西川と「睡眠」について研究を重ね、寝具と家電を組み合わせた、今までにない快眠サポートサービスを開始。睡眠を可視化し、一人ひとりにマッチした寝室空間を提供する。

「本サービスの特長の一つは、医療機器申請を行っているセンサー。従来のスマホの睡眠アプリは、検知対象が寝返りなどの体動に限定されていました 。西川のセンサー搭載マットレス「エアーコネクテッド」SIマットレスは、睡眠中の呼吸など細かい動きまで検知し、睡眠時間や睡眠状態などのパーソナルデータを1秒単位で計測。データは専用アプリ『Your Sleep』に随時送信され、家電を最適な状態にコントロールします」

体温低下をはじめ、睡眠中は体の状態が変化する。センサーの高精度化により、家電をON/OFFだけでなく、温度や風向など睡眠の深さに応じた細かい制御が可能になった。

「私たちが特にこだわったのは、寝起きのスッキリ感。目覚まし時計のように、設定時刻に突然起こすのではなく、起床時間の20分ほど前から照明を徐々に明るくし、朝日を浴びて起きたい時間に自然に目覚める空間を演出します」

パナソニック製の無線LAN内蔵のエアコンとLEDシーリングライト。ライトにはスピーカーも搭載。アプリ内の収録曲のほか、スマホにダウンロードした音楽の再生も可能。

目覚めのスッキリ感を「眠りのプロ」がサポート

使用している寝具の特徴や、暑がり・寒がりなど、睡眠環境はそれぞれ異なる。ユーザーは事前にさまざまな情報を『Your Sleep』に入力し、自分に合った環境を設定する。

「起床時にアプリが前日の睡眠スコアを表示しますが、飲酒やカフェイン、運動など、就寝前の行動によって大きく変動する可能性も。アプリのアンケートに回答することで、睡眠の課題点を探ることができるほか、もしも家電の制御がご自分に合わなければ、フィードバックすることで、その日の夜から修正した制御を行います。使えば使うほど、ご自身に最適な睡眠環境に近づきます」

睡眠スコアは、「睡眠時間」「睡眠効率」「寝つきまでの時間」「中途覚醒回数」「目覚めの状態」「深い睡眠」の6項目で評価し、スコアを算出。結果に基づき、睡眠に関するアドバイスが表示される。(アドバイス監修:西川)

スッキリした目覚めは、その日のビジネスパフォーマンス向上も期待できる。眠りのプロが、ユーザーに寄り添うように睡眠をサポートする。

「リビングのエアコンなどはご自身で調節できますが、寝室では睡眠中の操作ができません。ぜひ寝室空間をアップデートし、快適な睡眠を手に入れて欲しいですね」

お問い合わせ
パナソニック くらしサービスカスタマーセンター
  • 0120‐878‐419
    (土日祝日、年末年始を除く)
  • 電話受付:10:00~18:00
    携帯電話・PHSからでもご利用いただけます。