超優秀な女子に「日本という国」が生きづらい訳

彼女たちは決して日本が嫌いなのではない

超優秀な女性たちが、日本を出て海外で働くその訳とは(写真:recep-bg/iStock)

最近ロンドンに引っ越してきた、自分と同じ年ぐらいの日本人女性2人に相次いで会った。1人は日本で数カ月ぐらい一緒に仕事をした人。もう1人は何回も仕事と恋愛のオファーを断った男性に突然紹介された女性。断れられてもその相手を恨まないのはなんて素敵なことだろう。人生は長いからまたどこかで出会って違う関係が作れるかもしれない。

99%が女性、海外で働く超優秀な「出国子女」たち

脱線してしまってすみません。大事なのは女性2人の話。2人は海外でキャリアを積み上げるのを決めた。また日本に住む予定はない。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

日本を出て、こういう女性にたくさん会った。高学歴で日本を出て海外で働いている女性。彼女たちのことを「出国子女」と呼んでいる。

基本、彼女たちは超優秀。英語、フランス語、あるいはドイツ語など外国語を流暢に話せる。日本文化を誇りに思っているけど日本企業に勤めたくない。海外に同じほど優秀な日本人男性はいないので、彼氏は外国人。旅行が好きで年に2つの休みの1つを日本、もう1つをパリ、コペンハーゲン、イスタンブールのようなところで過ごしている。

「帰国子女」と違って、「出国子女」の99%は女性。

上記の女性の1人は、日本の偏差値最高の私立大学を卒業したあと東京の外資系で何年か働いて、アメリカで修士号を修得、そのままアメリカの会社に就職した。で今年、ロンドンの会社に転職した。この間一緒にランチした時、今回の転職の話を聞いた。前の仕事が終わってイギリスのビザが出るまでは少し時間かかったので1カ月間帰国したと言っていた。

「本当に不幸だった。自分と同じ分野で仕事をしている同い年の男性に何人か会ったけど、みんな私を見下していた。私ほど勉強もしてないし仕事もできてないのに。その時絶対に日本では仕事したくないと思った」

次ページ有名な日系企業に入社したけれど…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT