70代入院男性、感染医師との接触は確認できず

発病前の14日間の渡航歴は不明、症状は重い

医師が新型コロナウイルスに感染していることが13日に確認された和歌山県内の病院で、入院していた70代男性も感染していることが新たにわかった。症状は重いという。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

和歌山県は14日午前9時半から会見を開き、50代の男性外科医師が新型コロナウイルスに感染していることが確認された済生会有田病院で、13日まで入院していた70代の男性も、新たに感染していることがわかったと発表した。

和歌山県・仁坂吉伸知事「発病前14日間の渡航歴は不明です。本人が重症ですから、あなたは誰と会いましたかと、そういうのは聞けない状態です」

70代の男性は県内在住で、今月1日に倦怠(けんたい)感があり、近所の医療機関を2回受診した後、6日から済生会有田病院に入院していた。県によると、この男性と感染が確認された医師の接点は今のところ、確認できていないという。

県はほかに、症状がある患者と医師の残る3人についても、現在、検査を急いでいる。

日テレニュース24の関連記事
槇原敬之容疑者を送検 逮捕後一時混乱も…
タクシー運転手 屋形船での新年会で感染か
お父さんパンダ永明にバレンタインの贈り物
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。