信長が光秀以外の部下にも山ほど裏切られた訳

わざと追い詰めた?1度ならず2度までも

光秀は、四国の長宗我部問題、秀吉の援軍、家康の接待と、プライドを傷つけられたうえに、転封も恐れていました。

秀吉もまた、九州平定を命じられる可能性など、光秀と同じように「リストラ」の不安を感じていました。

周囲の多くの人間の思惑が結集し、どんな結果をもたらすのか。彼らの心情を少しでも察していたらわかるはずです。

一度ならず二度裏切られることも

一方で、松永弾正に対しては、一度目の裏切りを許した後に、またも裏切られています。周囲からの忠告はあったろうに、詫びを真に受けて許してしまう──人の心理を読む才能がなかったのです。

荒木村重が謀反した時には、翻意を促すために何度も使者を送ったという記録があります。信長にしてみれば、「城も領地も与え、取り立てているのになぜ」という思いがあったのでしょう。

信長は前ばかり見て突っ走っているため、周りが見えないところがあるのです。

自分の計算尺度に合わないと、もう理解ができない。けれど人間は信長が思うよりもっと複雑であり、そのことがあの本能寺の変を起こしたわけです。

ところが一方、信長ほど洞察力の鋭い男が、本当にこれほどまでにうかつだったろうか。そんな疑問もついて回ります。

その問題を思いめぐらした結果、近ごろでは次のような可能性もあるのではないかと考えるようになりました。

信長はすべてをわかっていながら、わざと重臣たちを追い詰め、忠誠の度合いを試していたのではないか。

相手がそれでも従うなら重用してやるし、反乱を起こすようなら即座に攻め滅ぼす。どちらに転んでもいいように、しっかりと手を打ったうえで追い詰めにかかる。

『信長の革命と光秀の正義 真説 本能寺』(幻冬舎新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

まさか、そんなと思われる方も多いと思いますが、戦国時代にはこうした調略は日常茶飯事でした。

その大半は敵方に仕掛けるのですが、家中で争いが起きた場合には身方に仕掛けることになります。

若いころから家中の勢力争いに翻弄されてきた信長は、いつの間にか家中統制の方法として、こうしたやり方を身につけたのではないか。

家中の有力者に反乱を起こさせて根こそぎ滅ぼす。そうすれば有力者の所領を重用した家臣たちに分けてやることができるし、家中の統率力を強化できるからです。

そうだとすれば信長の人生は、薄氷を渡るような緊迫の連続だったはずです。

それに耐え抜いてでも理想を追い求め、「是非におよばず」という結果になったのかもしれません。

*   *   *

続きは『信長の革命と光秀の正義』(幻冬舎新書)にてお楽しみください。

幻冬舎plusの関連記事
伝説の家政婦・志麻さんが伝授!お正月の残り物食材をアレンジ【おもちでラザニア】
英語を読むスピードを上げるには何度も「音読」しなさい
一人で意味もなくビジネスホテルに泊まるのが好きだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT