女優の執念で出来た映画「スキャンダル」の熱量

「FOXニュース会長のセクハラ告発」を実写化

さらに加害者として告発されたエイルズは翌2017年に死去したということもあり、この事件はそこで幕が下りようとしていた。だが、ランドルフは、この事件をこのまま葬ってはならないという思いで、本作の脚本を執筆したという。関係者の綿密なリサーチの結果、本作のストーリーはタブーにも果敢に切り込んだパワフルなものとなった。

ジョン・リスゴー演じる、メディア王ロジャー・エイルズ(写真右)は、あらゆる手段を使って、セクハラのもみ消しを図ろうとする ⓒLions Gate Entertainment Inc.

そしてその脚本が、シャーリーズ・セロンの手に渡った。そのパワフルな内容に魅了された彼女は、彼女が所有する会社「デンヴァー&デリラ・フィルムズ」で制作に参加することを決意。プロデューサーとして名乗りをあげた。そのときのことをセロンは「このプロジェクトを始めたときは、#MeTooやタイムズアップ、ハーヴェイ・ワインシュタイン、チャーリー・ローズ、マット・ラウアーなど、一連の騒動は起きていなかった。そんな時期にこの脚本に出会えたのは運命だった」と語っている。

本作のメガホンをとったジェイ・ローチ監督は、セロンのプロデューサーとしての手腕を称賛している。

その一例として、クランクイン前のトラブルについて振り返るローチ監督。もともと本作を制作する予定だった映画会社が、本作のクランクイン2週間前に離脱することになったことがあったという。

しかしキャスト陣のスケジュールの関係もあり、撮影の延期は許されない。だが、そんな危機的状況にも、「誰にもわたしたちを止めさせない」と語ったセロンは、『タリーと私の秘密の時間』のBRONスタジオに話をつけて、もともと一部だった出資金を、全額出資に変えてもらうことに成功した。

カズ・ヒロの特殊メイクにも注目

さらにそこから3日足らずでライオンズゲートと配給契約を締結。「不屈の精神とタフさとカリスマ性を持ち合わせた彼女だからこそ、誰もが言うことを聞くんだ」とローチ監督が感服した様子を見せると、ランドルフも「もし砂漠に墜落する飛行機に乗り合わせたら、シャーリーズ・セロンが同乗していることを祈るね。どんな問題にぶつかっても、彼女はありとあらゆることを試みながら、前に突き進んでいく。そうした彼女の姿勢は演技にも出ていると思う」と賛辞を惜しまない。

ただ、撮影日数はたったの43日という短いものになった。本作でシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、ジョン・リスゴーら3名の主要キャストの特殊メイクを担当するカズ・ヒロは、今回は特殊メイクにかける時間があまりなかったため、シンプルにやることを心がけたと振り返る。

そこでまずはモデルとなった人物の顔写真と、俳優の顔写真やモデルなどを並べ、両者の相違点を徹底的に洗い出していった。例えばセロンが演じるメーガン・ケリーに近づけるために、ノーズプラグを鼻に仕込んで、少し上向きにしてみたり、目と目の間を少し離し、まぶたを少し重くしたり、そして少しあごを足したりと、細かな調整を繰り返して、驚くべき再現性を実現した。

くしくもシャーリーズ・セロンは、ミネソタ州の炭鉱で起きた世界初のセクハラ訴訟を映画化した2005年の映画『スタンドアップ』に主演し、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたこともある。

この『スタンドアップ』同様、本作もパワフルな物語となっており、セロン自身も「『スキャンダル』を作ることは、わたしのキャリアにおいて大きなハイライトとなった」とその思いを吐露している。そんな本作にも注目だ。

(文中一部敬称略)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。