読解力が弱い人はこの「6ステップ」で鍛えよう

いかにパターンをつかめるかがポイントだ

ただし、もちろん実際の文章では段落が四つとは限らない。それ以上のことが圧倒的に多い。また、「型」通りの、「……だろうか。確かに……。しかし……。なぜなら……。したがって……」という表現は用いられていないことが多い。

よくみられる構成パターン

多くの文章は以下のような構成になっている。

●第一部「問題提起」のパターン

第一部の問題提起には次のようなパターンがある。

・疑問文で示す 「……だろうか」などと疑問文で問題提起する

・結論を示す 「私は……と考える」などと自分の意見を最初に示す

・事実だけを示してほのめかす 「このようなことが起こっている」という状況だけを書いて、問題提起は表立ってすることなく、ほのめかすだけにしている

●第二部「意見提示」のパターン

「確かに……。しかし……」のほか、以下のような表現が用いられる。

時には、一つの「確かに……。しかし……」ではなく、複数の反対意見に考慮して、いくつもの「確かに……。しかし……」を重ねることもある。

そのほか、「なるほど……。ところが……」「……の面がある。一方……」「……とされている。しかし……」「それには、……の面がある。だが……」「一方では……。しかし、他方では……」などが用いられる。

●第三部「展開」のパターン

文章の最も大事な部分なので、定式化するのは難しい。様々なパターンで自説の根拠を示し、その背景などを深めていく。

●第四部「結論」のパターン

結論を示すのが原則だが、実際の文章では、ちょっと余計なことを加えたり、付け足しめいたことを語る場合もある。

ポイント(4) キーワードとその意味を正確にとらえる

四部構成に直したら、次にこの文章のキーワードは何なのかを考え、その意味を正確にとらえる努力をする。ほとんどの場合、最も多く出てくる用語がキーワードだ。ただし、そこに特殊な意味が込められている場合があるので、注意する必要がある。文章中にその説明があったら、それをしっかりとチェックする。

次ページポイント5つめは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT