麻生氏「一つの民族一つの王朝」訂正し謝罪

昨年4月には「アイヌ民族支援法」が成立

麻生財務相が13日、福岡県での国政報告会で「2000年の長きにわたって一つの民族、一つの王朝が続いているなんていう国はここしかない」などと発言したことについて、訂正し、謝罪した。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

麻生財務相「政府の方針を否定するつもりは全くありませんから、その意味では誤解が生じるような発言になっているというなら、これは言い方に気をつけなきゃいかん。訂正しないといかんところです」

昨年4月、アイヌを「先住民族」と明記した「アイヌ民族支援法」が成立している。

麻生財務相は、自身の発言はこうした政府の考えを否定するものではないとした上で、長い間、日本は民族の大移動もなく、他の民族から占領されたこともなく、比較的まとまった形で2000年近くの間継続してきたということを述べたものだと釈明した。

日テレニュース24の関連記事
住人刺され死亡 男「謝ったら許したのに」
マレーシアで衝突事故 桃田選手順調に回復
船&バスで通勤 勝どき~浜松町の実証実験
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。