「光るウェディングドレス」作る45歳女性の人生

純白にアート浮かび上がるサプライズを演出

新婦の家族の似顔絵が描かれたオーダーのウェディングドレスについて紹介する広野加織さん(筆者撮影)

「感動を与えるドレスを作りたい」という発想が出発点だった。

富山県富山市でウェディングドレスのオーダーを手がける広野加織さん(45歳)が制作し、実用新案権を取得した「マジカルアート・ストーリードレス」は、結婚式のサプライズを演出する。LEDライトを当てるとアートが浮かび上がり、輝くドレスである。どんな思いで考案したのか。

「人生の思いを描いたドレス、いいなあ」

「アンジェリーナ・ジョリーさんが結婚式のとき、子どもたちのイラストが描かれたドレスを着ていたのを見て、ジーンときたんです。これまでの人生についての思いを描いたドレス、いいなあって思いました」

ただし、広野さんは子どもの絵のような奇抜なものではなく、おしゃれなアートでドレスを彩りたいと考えた。そこで、高級ブランドの広告などを手がけるファッションイラスト作家のSamille(さみぃゆ)さんに依頼し、花嫁とその兄と姉、結婚式を挙げたハワイの風景を描いてもらった。

LEDの光を当てると絵が浮かび上がる(筆者撮影)

苦心したのは、絵を描く特殊なインクをどうやって入手するかである。

ドレスに描かれているハワイの風景(筆者撮影)

広野さんはユニークな商品を開発する企業を紹介するテレビ番組を見ていて偶然、「フラッシュを焚いて撮影すると絵が写る」という特殊なインクの存在を知った。「これを使いたい」と製造元に伝えると、商社向けの商品であり、販売はできないと断られた。

「ドレスを制作するために特殊なインクが必要であること、一流作家による絵を描くことなどを伝えて粘り強く交渉し、地元の営業担当者の支援もいただいて、最後は使わせていただけるようになりました」

絵は縫製を終えたドレスに、作家が一筆一筆描く。Samilleさん以外にもイラストレーターや画家など個性の異なる作家に依頼し、花嫁の好みの作品を描いてもらえるようにした。

次ページ【写真】光り輝くウェディングドレス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。