野村克也「松坂大輔が技巧派たる所以を語ろう」

原点能力がもう少し高ければもっと大成功した

今回は平成の怪物、松坂大輔。長年球界に携わってきた野村克也氏が徹底分析する(写真:AP/アフロ)
野球界には、ときどき「怪物」と呼ばれる者が現れる。 元祖怪物・江川卓、「ゴジラ」こと松井秀喜、投打二刀流で「100年にひとり」と言われる大谷翔平……。
野村克也さんの新刊『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)では、教え子である田中将大、「難攻不落」と評するダルビッシュ有から、ライバルだった王貞治、長嶋茂雄ら昭和の名選手まで、名将ノムさんが嫉妬する38人の「怪物」を徹底分析しています。

技巧派の松坂大輔

松坂大輔は1998年のドラフト1位で西武に入団、1年目から16勝をあげ、最多勝と新人王を獲得する。以降もエースとして活躍し、8年間で108勝をマークした。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ただ、松坂の才能は充分に認めつつも、率直に言って、松坂に対する私の評価はそれほど高いものではなかった。というのは、私がピッチャーに最も必要なものだと考える原点能力、すなわちアウトコース低めのコントロールがよくなかったからである。

私は松坂を本格派ではなく、技巧派だと見ていた。以前にも述べたが、私のいう本格派とは、バッターがストレートを待っているときにストレートを投げても抑えられるピッチャーのことを指す。松坂はそうではない。もちろん、ストレートは十分に速いが、ほかにフォーク、カーブ、スライダー、チェンジアップなど多彩にして一級品の変化球を持ち、そのコンビネーションでバッターを打ち取っていく。私に言わせれば、技巧派なのである。

次ページ原点能力が低い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT