お金持ちになりたい投資初心者がとるべき戦略

投資で成功し続ける人の共通点とは何なのか

勝てる投資家になるには、どうすればよいのか?(写真:Pangaea/PIXTA)

マネックス証券でマーケットアナリスト兼インベストメント・アドバイザーなる職を務めております、益嶋裕と申します。マーケット動向をご紹介する仕事のほか、個人投資家を中心とした、いわゆる投資教育に関連する仕事もしています。今回は「投資力」をアップさせるための考え方を、ぜひ紹介したいと思います。

マーケットに勝つために最初に肝に銘じるべきこと

みなさんが情報収集をしていると、さまざまな「専門家」の記事に出合うでしょう。例えばこの「東洋経済オンライン」は質の高い専門家の記事が集まっている日本最高峰のウェブメディアの1つです。

専門家の記事や書籍を情報として取り入れるメリットはたくさんあります。その道の専門家が精魂込めて書き上げた記事は、なかなか初心者ではたどり着けない情報の宝庫です。

ただ、それを「鵜呑みにする」ことをやめて、「ふーん、そんな考え方もあるのか……だけど自分はこう思う」と自分自身の頭で考えることが投資家としてマーケットに勝つ最初の一歩になるのではないでしょうか。

実際、例えば東洋経済オンラインに掲載されている記事にも、同じテーマなのに、まったく違う主張がなされている場合があります。

例えば「日本株は今後大きく下落する可能性が高い」と主張している説もあれば、「今後大相場が来る」との説もあります。また、「さらなる金融緩和こそデフレ脱却のために非常に重要だ」との記事もあれば、「金融緩和にはまったく意味はない」との記事もあります。

次ページ株価予測で正反対の予想があったとき、どうする?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。