「算数に強い子に育てる」家庭でできる6のこと

「かずとかたち」に強い子を育てるアイデア

□Conversation with children 親子の会話で 

数や量を意識しながら話すことで、生活に必要な時間や分量の感覚が育ち、子ども自身もわかりやすく説明ができるようになります。

idea01 「ちょっと待ってて」よりアナログ時計を見せて伝える
(イラスト:CHANTO WEB)

子どもに呼ばれたきなどに「ちょっと待ってて」と言うのではなく、アナログ時計を見せて「長い針が5になったらね」など具体的に伝える。子どもの時間の感覚を育み、子どもも待つストレスが軽減される。

カレンダーで一緒に日数を数える

idea02 楽しみな予定はカレンダーで確認数えることで、数の感覚を養う
(イラスト:CHANTO WEB)

「あと何回寝たら遠足?」などと聞かれたら、カレンダーで一緒に日数を数えてみることで、数の感覚が養える。カレンダーは月間タイプなど数字を意識しやすいものがおすすめ。

次ページ具体的な量を聞く
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。