シニア婚活「お金の切れ目が縁の切れ目」の切実

トラブル実態、男が女の年金をアテにする例も

人生100年時代と言われるからこそ、シニアの人たちも婚活で新しいパートナーを探して第2の人生を楽しむべきなのかもしれない(写真:zon/PIXTA)  
地方を拠点に中高年向けの結婚相談を行っている民間福祉団体・太陽の会。本部会長で宇都宮代表の斎藤尚正さんは、これまで30年近く、シニア婚活の現場に立ち続け、あまたのシニアカップルの成立と破局を見届けてきた。
ルポ シニア婚活』(幻冬舎新書)の著者で、シニア婚活の現状をさまざまな角度から取材してきたライターの篠藤ゆりさんが、書籍の刊行に際して斎藤さんに改めて話を聞いた。
斎藤さんによれば、最近は男性が女性の年金をあてにして婚活する時代だという。

シニア婚活市場でモテる男女とは

斎藤尚正(以下、斎藤):シニア男性でモテるのは、背が高くてお金の使い方がうまい人です。例えば婚活パーティのあと、何人かで「カラオケに行こう」ということになったとします。

モテる男性は「いいよ、女性の分は俺が出すから」って言うんですよね。「女性3人分、3000円そこそこだろ」ってね。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

篠藤ゆり(以下、篠藤):そこは女の人、見ていますね。

斎藤:見るでしょう?(笑) だけど、ヘタな男性もいるんですよ。電卓で計算して「1人1253円ね」。それじゃダメなんですよね。

篠藤:一方、女性でモテる人は、どういう方ですか。

斎藤誰とでも明るくほがらかに接している人がモテます。近くに座ったのが自分の好みのタイプでなくても、そういったことを顔に出さず、とりあえずその場はみんなと仲良くできる人です。

感じのいい人は、隣のテーブルから見てたってステキな感じに見えるじゃないですか。それが、自分の好みではないからとツンケンしていたら、その様子もほかの男性は見ています。

篠藤:ムスッとつまらなそうな顔をしている人は誰だってイヤですよね。

次ページ男性が女性の年金をあてにして婚活する時代
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。