「偽物のカワイイ私」を生み出す美顔アプリの罠

本当の自分じゃない自分に承認求める人たち

自撮り文化の広がりに伴って、写真補正アプリも進化を遂げています(写真:Pangaea/PIXTA)

「あんた相変わらず20代と変わらない可愛らしい顔してるわねえ、親の欲目かしら」「そう? お母さんも30代の若さ損なってなくて、いいセンだと思うよ」「あらそう?」「そうそう」。

私と母はよくこんな会話をして、若さにしがみつく心をお互いに支え合って生きてきた。だがまあ、私も40代になって、もういい加減、年齢それなりでいいじゃんと考えるようになり、「きれいでいたい」とはすごく思っているが、「若さを損ないたくない」とは思わなくなった。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

若さというのも、「健康で元気な若々しさ」という姿を想定しているのならいいと思うが、私も母も、どうも自分の現実からかけ離れた、どこか非現実的な「きらきらしたもの」をあてどなく追いかけているような気がしたからだ。

もはやフェイクです、美カメラアプリ

こういった女性の心のスキマに入り込み、「きらきらしたもの」「キレイなもの」を求める女心を巧妙につかむことで、若い女性の間で大流行しているスマホアプリがある。自撮りの際に、肌や顔の輪郭、体型などを補整する「美顔アプリ」「美カメラアプリ」と呼ばれるものだ。

かつてはゲームセンターの「美白プリクラ」など、肌が白く写ったり、目がくりくりと大きく写ったりするプリクラ機がブームになったが、舞台はスマホに移り、インスタグラムなど写真系SNSがブームになった2014年ごろから登場しはじめ、年々急増、補整技術も着々と進化しているようだ。

Google Play で「美カメラ」と検索すると多数のアプリが並ぶ。
次ページ筆者が実際にアプリを使ってみると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT